近年、仮想通貨と呼ばれるものがブームになっており、多くの方がHYIPで儲けようとしています。

そんな中、仮想通貨の1つ、クローバーコインがRippleと関係ないという衝撃な発表がありました。

今回はクローバーコインの色々な噂と代表の中田義弘は一体何者かについて捜査密着します。

クローバーコインとは

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:仮想通貨投資入門

クローバーコインは48ホールディングスと呼ばれる会社が出している仮想通貨です。

これを入手するためには、会社の開く説明会に参加し、クローバーコインに関する講習を受ける必要があります。

実際に購入する手続きとして、まずは3,240円の登録料を払わないといけないです。

それを行ってようやく1口30,000円6,000枚のクローバーコインを購入することができます。

クローバーコインの儲けのからくり

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:GATAG

クローバーコインを使って儲ける方法として、1口当たり20%分のXRPが付いているのとクローバーコインを他の人に紹介するというのが大きな方法と言われています。

ここでは、その辺りをもう少し触れていきます。

XRPを活かす

XRPの価値が上がることで初めて利益が発生します。

XRPはRippleネットワークでやり取りされている仮想通貨でGoogleが出資しています。

これに関しては多くの方がご存じなのではないでしょうか?

紹介料で稼ぐ

クローバーコインを他の人に紹介し、購入する所までこじつけたら、購入額の60%が貰えるという仕組みです。

この辺りで儲けが出るか出ないかの差が出るといった感じになっています。

クローバーコインがどうして問題になったの?

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:KOREA.net

クローバーコインがどうして問題になったのか疑問に感じている方が多いと思います。

ここでは、それについて密着します。

ねずみ講方式な部分が問題視された

クローバーコインの儲ける仕組みの1つでもある紹介料を得るというのがねずみ講方式ではないかということで問題視されています。

前述の部分を読んで、多くの方がそう感じたのではないでしょうか?

XRPの割合が少ない

XRPが20%と価値が少なめの印象が否めないのも問題視されている部分の1つとなっています。

冷静に考えたら、普通にXRPを購入した方が手っ取り早いです。

XRPに利益を依存する部分が大きい

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:LANE AUTO MOTIVE

XRPが高騰したら利益も期待できるのですが、暴落することも十分あり得るのが不安なポイントとして挙げられます。

48ホールディングスの事業内容が曖昧

48ホールディングスのHPを覗いてみると事業内容が曖昧なのが分かります。

業務案内が準備中となっていることやニュースで目ぼしい情報をオープンにしていないという部分が怪しさを引き立たせています。

48ホールディングスがクローバーコインを全否定してる部分も

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:聞きかじり垂れながし

48ホールディングのHPのトップに特定の銀行と取引をしてデジタル仮想通貨を販売することはないと書いています。

これを見ると、クローバーコインはどうなんだと感じる方も多いのではないでしょうか?

そもそもあまりいい評判を聞かない

Yahooの知恵袋や色々なブログを見ると、クローバーコインに関する評判が良くないです。

こういった面から、購入するのを踏みとどまったという方も多いと思います。

48ホールディングスの中田義弘氏とは何者なのか

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:仮想通貨投資入門

48ホールディングスの取締役と言われている中田義弘氏が話題になっています。

中田義弘氏は2007年の株式会社ヴァジュラをはじめ、6つの会社で代表取締役や理事を務めています。

ソフトウェアの開発やセミナーの企画・運営、飲食店の展開と色々な事業をされていた様です。

これはと中田義弘氏が関わっていたとされる会社の登記から分かった内容で目的の部分を見ると、脈絡のないことをただ並べている印象があります。

現在、48ホールディングスの代表を外れているという情報もあり、怪しさ満点といった所でしょう。

実は中田義弘氏に関する嘘の情報が!?

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:MADAME RIRI

中田義弘氏には嘘の情報が色々飛び交っているのをご存知でしょうか?ここでは、その辺りの部分に触れていきます。

麻生太郎氏が顧問に付いている会社の代表を務めているという話が

中田義弘氏は麻生太郎氏が顧問に付いている会社の代表を務めているという話が出てくるので驚きです。

麻生太郎氏と言えば、過去に総理大臣を務めた方で九州の麻生グループに関係しています。

ですが、中田義弘氏はこれまで札幌の企業で代表を務めているのにどうして九州の企業に携わっているのか疑問になってきます。

最初に代表を務めた可能性のある株式会社ヴァジュラは最初熊本に本店があったと言われていますが、それでも麻生太郎氏がそこの顧問を務めていたという話は全然上がってこないです。

パラオの航空会社のオーナーという話が

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:http://www.divenavi.com/palau/besttour/

パラオの航空会社のオーナーを務めているという話が出てきており、メンバーとパラオ旅行した思い出話があったと言われています。

調べてみましたが、パラオの航空会社に中田義弘氏と関係のあるものが出てこなかったです。

NTTドコモを立ち上げたという話が

中田義弘氏はNTTドコモを立ち上げたという話が出てきています。

調べてみましたが、そういった記録は全然出てこなかったです。これも怪しい情報だというのが分かるのではないでしょうか?

日本で最初にビットコインを持ち込んだという話が

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:PAKUTASO

中田義弘氏が日本で最初にビットコインを持ち込んだという話があります。

ですが、サトシ・ナカモト氏が2008年ビットコインに関する論文を発表しており、日本で最初にという話は嘘だというのが分かると思います。

結局の所中田義弘氏は…

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:http://kasoutsuuka.jp/archives/516

前述の所で色々と嘘の情報が飛び交っているのを踏まえると中田義弘氏は信用できない人物だということが分かると思います。※あくまで個人的主観であり、中田義弘氏を批判するつもりではありません。

ましてや過去に勤めていた会社の目的を見ると、脈絡のないことがいくつも並んでいるのも疑問になってきます。

ちなみに、過去に勤めていた株式会社ヴァジュラの業務サービスはコールセンターの運営のみとなっており、インターネットに関する企画や水素関連事業はどうしたのだと言いたくなる程です。

こういった部分を踏まえると、中田義弘氏や48ホールディングスにいつ捜査のメスが入ってもおかしくないと思います。というよりも、今まで警察の捜査が入ってないのにビックリです。

中田義弘氏と結びつく手段である説明会は

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:オンライン英会話比較ナビ

現在、クローバーコインに関する説明会の予約は受け付けていないようです。

締め切ったという可能性もあるかもしれませんが、説明会に関する詳細な説明が無いのも不自然な感じもします。

仮想通貨に関する法改正が

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:産経ニュース

改正資金決済法が今年の4月に施行され、仮想通貨に関して大きく見直されることになりました。

こういった部分があるから、48ホールディングスは仮想通貨を販売していないといったことをHPで書いているように思えます。

新たに改正された法律の中で内閣総理大臣の登録を受ける必要があります。

その条件に資本金が1,000万円以上純資産額が負の値でないというものがあり、資本金を記載していない48ホールディングは怪しいというのが分かるのではないでしょうか?

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:Yeni Safak

さらに仮想通貨に関する説明や情報提供が義務付けられており、これが行われていない所は疑わしいと思った方がいいです。

このように、仮想通貨に関する問題はクローバーコインをはじめあらゆる所で起きているから法律改正に繋がったのだと思います。

現在もインターネットで様々な取引ができるようになった分、悪用するケースや詐欺に遭う方が増えており、いかに騙されないかが重要になってきます。

今後も悪質な方法で仮想通貨をやり取りしている業者に捜査のメスが入ってくるのが予想されます。

仮想通貨の今後の行方は

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:PAKUTASO

大手企業が次々と仮想通貨に参入してくるので、クローバーコインの価値も怪しくなってきます。

今後はどの仮想通貨を手にするかが重要になって来るでしょう。

その1つの基準となるのが、法律をキチンと守っているかどうかが挙げられます。

【関連記事】

クローバーコインはリップルに換金できない!?理由を1から紹介

クローバーコインには手を出さない方がいいかも?

クローバーコイン 中田義弘 捜査画像引用元:GAHAG

48ホールディングスの業務の実態が怪しいことや中田義弘氏の経歴が嘘だらけというのを踏まえると、クローバーコインに手を出すことは辞めておいた方がいいです。

仮想通貨をやり取りする際は信用できる所から購入することをおすすめします。

【関連記事】

クローバーコインは被害者の会があるほど危険?安心のDBACとは

クローバーコインという仮想通貨の仕組みとは?危険なHYIP投資

結局信用できるHYIP投資ってどこなの?

クローバーコイン 中田義弘 捜査

クローバーコインなどのHYIP投資に関係する案件に関してはイマイチ信用や安心できない部分があり、現在も不安になっている方も多いのではないでしょうか?そんなあなたに『D-BAC』という新しい案件を是非知っておいて頂きたいのです。この案件は外国発祥が多いHYIP案件とは違い、日本から生まれたプライス案件です。

HYIPとは違って飛ぶ可能性は非常に低く、何かあれば自分から会社へすぐに日本語で連絡できることが何よりの安心ポイントでしょう。会社は大阪の梅田にある『株式会社クライス RCC』という会社です。『D-BAC』とはオンラインカジノなどで『バカラ』に勝つために作られたサポートツールかつMLMビジネスでも非常に秀逸な案件ですので、詳しく知りたい方は是非以下の記事を読んでみてはいかがでしょうか?

【D-BACの一部の記事は↓から】

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

DBACカジノって儲かるの?ダウンロードしてお金持ちになる!