インターネットが発達していく中、様々なビジネスや副業が登場しました。HYIPもその1つで仮想通貨を使って一儲けしようと考えている方も多いのではないでしょうか?

現在、クローバーコインという仮想通貨が色々と話題になっています。今回はクローバーコインという仮想通貨の仕組みについて詳しく1からご説明します。

仮想通貨とはどういうものなの?

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み

仮想通貨はインターネット上で色々な商品購入やサービスの利用に対して使用できる通貨のことです。

現在、何百種類も存在すると言われており、どれで一儲けしようかと多くの方が悩まされています。

有名なものには、ビットコインXRPといったものがあり、投資に関心のある方は一度でもチェックしたことがあるのではないでしょうか?

仮想通貨を手に入れるためには

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:PAKUTASO

円やドルといった法定通貨を仮想通貨専門の取引所で交換する必要があります。

取引に生じる手数料や入金方法、取引の方法等色々なものを加味した上で取引所を選択しないといけないです。

どの仮想通貨がやり取りしやすいかは人によって変わってきます。

クローバーコインについて

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:excite.ブログ

クローバーコインは48ホールディングスという札幌の会社が出している仮想通貨です。

1口30,000円から購入することができ、6,000枚のクローバーコインを獲得できます。

クローバーコインの仕組み

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:ビットコイン百科事典

クローバーコインはどうやって購入し、それを使ってどう儲けていくのか気になる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、その辺りの部分について触れていきます。

クローバーコインの購入方法

まずは48ホールディングス主催の説明会に参加しないといけないです。

そこでクローバーコインに関する説明を受け、登録料3,240円を払います。

登録が完了したら、1口30,000円からクローバーコインを購入します。

後はクローバーコインで利益を出していくだけです。

クローバーコインの支払いの内訳

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:crypto*kratika

クローバーコインの支払いの内訳は会社に販売報酬として60%、運営費に20%、残りの20%はXRPとして自分に残るという感じになっています。

XRPはRipple社が開発した仮想通貨です。Googleが出資したことにより、話題を呼びました。

クローバーコインで利益を出すには

クローバーコインでの利益を出していくためには、どういったものがあるのか紹介していきます。

XRPの価値が上昇すること

クローバーコインの20%がXRPで価値を保証しているため、それが高騰すると儲けが生じるということです。

紹介料

他の人に紹介してクローバーコイン購入に至った場合、その内の60%が自分の手元に入ります。

要は前述のクローバーコインの支払いの内訳にあった販売報酬が獲得できるわけなのですが、何か怪しいなと感じる方も多いのではないでしょうか?

クローバーコインの問題点とは?

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:セカイコネクト(リンク切れです)

前述の所で何か怪しいなというのを感じた上でクローバーコインの問題点について触れていきます。

ねずみ講方式のやり方が目立つ

他の人にクローバーコインを紹介し、購入させて紹介料を貰うというのはねずみ講方式を彷彿させます。

この部分はYahooの知恵袋や2ちゃんねる等で大きな批判が出ています。

紹介料を獲得しているのは、48ホールディングスとごく一部の人間しか獲得していないイメージが強いです。

XRPに価値を依存している

XRPにより20%分の価値が保証されていますが、XRPが暴落するとマイナスになる可能性もゼロではないです。

ましてや、クローバーコインそのものの価値が不透明過ぎるのもどうかと思います。

そもそもXRPを直接購入した方が早い

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:ビットコイン百科事典

クローバーコインを買うよりもXRPを直接専門の取引所で購入した方が儲けるのに手っ取り早いというのがあります。

こういったことから、クローバーコインの存在価値というのはイマイチよく分からないです。

48ホールディングスがクローバーコインを全否定している

48ホールディングスのHPを見てみると、特定の銀行と取引をしてデジタル仮想通貨を販売することはないどころか、運用すらしないと発表しています。

こういった文章を見ると、クローバーコインはどうなんだと言いたくなります。

48ホールディングスって…

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:仮想通貨投資入門

クローバーコインのあれこれが分かった所で48ホールディングスはどんな会社なのかに迫っていきます。

WEBコンテンツの開発及び販売とあるけど

事業内容にWEBコンテンツの開発及び販売とありますが、何を出しているのかよく分からないです。

業務内容を見ても、準備中ですと記載されているだけで過去の実績が無いのも正直どうかと思います。

クローバーコインはどうしたんだと言いたくなるのではないでしょうか?

肝心なものが分からないのはどうなのか

48ホールディングスの資本金がHPに記載されておらず、どのくらいの規模の会社なのかが分からないというのも怪しさ満載です。

普通まともな会社なら、資本金はいくらなのか載せているのではないでしょうか?

【関連記事】

クローバーコインはリップルに換金できない!?理由を1から紹介

メールのみでの問い合わせって…

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:GATAG

48ホールディングスへの問い合わせはメールのみで電話では対応しないとあります。

どうしてそんなことをするのか理由がイマイチよく分からないです。

何か電話で直接聞かれて困ることが多いというのもあるかもしれません。

謎の会員サイト…

48ホールディングスには、会員様専用ログインサイトなるものがあります。

会員は限定販売の季刊誌が購入できるようです。

サイトの内容に関する具体的な説明が書かれていないのを踏まえると、購入しようという意欲が出ないのではないでしょうか?

肝心の説明会が

肝心の説明会を受けようにも現在予約を受け付けていないどころかどういった内容を説明していくかという記載が無いに等しいという有様です。

これら5つのことを踏まえると、48ホールディングスはまともな会社というイメージは持てというのに無理があります。

仮想通貨に関する法改正が行われた

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:金融財務研究会・経営調査研究会ブログ

資金決済法の改正が平成28年に行われ、平成29年4月に施行されました。

ここでは、その辺りの部分について触れていきたいと思います。

仮想通貨に関する法整備が不十分だったので

ビットコインやクローバーコイン、XRPと仮想通貨が台頭し始めたり、仮想通貨に関するトラブルが増えた背景からか資金決済法を見直す必要が出てきました。

その結果、資金決済法が改正、施行されるに至ったのです。

現在、改正資金決済法に基づいて仮想通貨のやり取りが行われています。

仮想通貨サービスを行うための基準が厳しくなった

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:http://club.shumai.info/free-images-of-bitcoin/

仮想通貨交換業を行うためには、内閣総理大臣の登録を受けないといけないです。

登録せずに仮想通貨交換業を行うと罰せられるようになりました。

資本金が1,000万円以上純資産額が負の値でないといった条件が必要になってきます。

こういった部分を見ると、資本金をHPに記載していない48ホールディングス等の会社は疑った方がいいです。

利用者を保護するために

仮想通貨交換業者は利用者に仮想通貨に関する説明とそれに関する情報提供を行う必要が出てきました。

要するに、仮想通貨にはリスクが隣合わせになるといったことを伝えないといけないということです。

クローバーコインは手を出さない方がいいかも

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み画像引用元:excite.ブログ

今回、クローバーコインの仕組みをはじめ、色々な問題点について説明させて頂きました。

調べれば、調べる程怪しい情報が次々と出てくるため、あまり深く関わらない方がいいような気がします。

仮想通貨で一儲けしたい方は本当に信頼できる業者で取引を行って頂きたいです。

【関連記事】

クローバーコインにて中田義弘に捜査が入る!?リップルとは無関係

クローバーコインは被害者の会があるほど危険?安心のDBACとは

HYIPよりも安心安全かつ高確率で稼げる案件とは?

クローバーコイン 仮想通貨 仕組み

クローバーコイン関係のように、現在日本では様々なHYIP系投資があります。しかし、分かってはいたけど飛んでしまう可能性が非常に高いHYIP投資。せっかく稼ごうと思っているのに、お金だけ取られて飛ばれてしまうと、こちらはもう何に投資すれば良いのか混乱してしまいますよね。

そんな中、私たちは高確率で日利5%~50%以上を稼いでいます。その方法ですが、私たちが投資している案件は『D-BAC』というものです。HYIPのように外国発祥では無く、なんと日本(株式会社クライス RCC)から生まれた案件であり、そもそもHYIP案件ではなくプライス案件なので、会社側が飛ぶ可能性は限りなく低いです。日本では10万人限定なのでお早めに。詳しくは以下の記事を読んで見て下さい。

【D-BACの一部の関連記事は↓から】

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

DBACカジノって儲かるの?ダウンロードしてお金持ちになる!