オンラインでのやり取りが活発になって、仮想通貨と呼ばれるものが登場しました。それを使ったビジネスで話題になっているのがビットシャワーと呼ばれる所です。

どうもそこが第二のD9クラブだと言われており、色々と問題視されています。果たしてビットシャワーの原資はD9ドルなのか、今回はこの件に関して詳しく紹介していきたいと思います。同時に現在大注目されている『D-BAC』という新案件についてもご紹介します。

仮想通貨ってそもそも何?

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:ひなのAWAブログ

仮想通貨はインターネット上にある専門の取引所で円やドル、ユーロ等の法定通貨と交換して得られる通貨です。現在、何百種類もの仮想通貨が流通しており、大手企業も参入してきています。

有名どころで言うと、ビットコインXRPといったものが挙げられます。これらを使って買い物やゲーム等に利用できるのです。それだけでなく、仮想通貨を投資し、価値が上がったら法定通貨に換金して儲けていくのがブームになっています。

ビットシャワーとは

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:情報量日本一!! HYIP同盟

ビットシャワーはイギリスにある会社です。仮想通貨でアービトラージを行っており、1日当たり投資金額の5%の売り上げを売り上げているそうです。投資を行っている方からしたら驚きなのではないでしょうか?

HPを見てみると、どうも会社の実態が掴みにくく、どのくらいの規模で資本金はいくらなのかといった記載が無いです。会社の所在地はイギリスのロンドンとありますが、バックリし過ぎてるといった感じもします。

D9クラブについて

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:http://www.d9clubsportstrading.com/

ビットシャワーに類似している会社にD9クラブと呼ばれるブラジルの会社があります。こちらは会員から集めた入会費を原資にベットフェアで毎日約10%の利益を出しているそうです。10%の利益の内1%を還元してくれるそうですが、怪しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

そもそも賭け事で毎日利益を出し続けるなんて到底不可能です。D9は数ある中のHYIPに比べると優秀な方で現在も飛んではいませんが、最近では数々の問題が出ており、運営側も様々な対策をしている現状ですので、安定するまではもうしばらく歯がゆい思いを続けることになるかもしれません。

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:https://office.d9clube.com/login

しかも、ベットフェアは配当金や賭け金に制限がかかっているため、会員から集めた何億もの大金なんて動かせないようになっています。先ほども説明しましたが、出金できないというトラブルも続発しているので、あまり深く関わらない方がいい企業と言えるでしょう。

私も一応現在9口ほど持っており、何とか元本は取り戻すことはできましたが、出金などがどんどん複雑になってきているので、まだまだ安心できる案件だとは思いません。D9側の対策次第ではそれこそ神案件にはなるのですが・・・。それよりも私たちが安心して日利5%~50%以上を稼いでいる案件『D-BAC』はご存知でしょうか?良ければ下記で紹介している記事を読んで見て下さい。

【関連記事】

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

ビットシャワーでの儲けのからくり

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:暗号通貨 HYIP投資 冒険の書 掲示板

D9クラブは色々と怪しいというのは分かったけど、ビットシャワーは一体どうやって儲けを出しているのか疑問に感じていませんか?

ここでは、その辺りの部分に密着していきます。

アービトラージについて

とある商品が割高になった時は売る、割安になったら買うというのを行い、利益を出していく取引です。ある程度の利益を出していくためには、それなりの原資高いノウハウが要求されます。

当然、損失のリスクもあるため、それをいかに回避していくかがカギとなります。ビットシャワーの場合、ビットコインを原資にアービトラージを行っているそうです。

3種類の投資プランで稼ぐ

ビットシャワー D9ドル 原資

ビットシャワーでは、3種類の投資プランが用意されており、その中のどれかを利用して稼ぐことができるそうです。

3つのプランの共通点

全報酬合計額が投資額の300%以上になると一時停止し、報酬を受け取るという点が共通しています。

その後、他のプランがいいなと思った際は変更できるそうです。

ベーシックプラン

100ドル300ドル500ドルを原資とすることで入会できるプランです。

入会後は毎月10ドル払う必要があります。

1日に0.5%の配当となっています。

プレミアムプラン

1,000ドル3,000ドル5,000ドルを原資とすることで入会できるプランです。

入会後は毎月20ドル払う必要があります。

1日に0.8%の配当となっています。

プロフェッショナルプラン

10,000ドル30,000ドル50,000ドルを原資とすることで入会できるプランです。

入会後は毎月40ドル払う必要があります。

1日に1.2%の配当となっています。

スペシャルボーナスでさらなる利益を

ビットシャワー D9ドル 原資

ビットシャワーでは何やらスペシャルボーナスなるものが付いており、それでさらに利益が得られると言われています。

ダイレクトボーナス

全プラン共通で誰かに紹介し、購入額の10%が貰えるそうです。

どこかで聞いたことのある話な気もします。

バイナリーボーナス

2名以上紹介した場合、合計金額の少ない金額から何%かが貰えるというものです。

ベーシックプランは5%、プレミアムプランは7%、プロフェッショナルプランは10%となっています。

ユニレベルボーナス

紹介した人がさらに誰かを紹介した場合、階層によって3%2%1%の利益が生じます。

2層で3%、3層で2%、4層で1%となっています。

プレミアムプランだとさらに5~7層までで1%の利益、プロフェッショナルだと5~10層までで1%の利益が生じるようです。

ビットシャワーが問題になっているけど

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:GATAG

多くの方が何となく察しているような気もしますが、ビットシャワーがどうして問題になっているか説明していきます。

一々終わるプラン

全報酬合計額が投資額の300%以上になったら一旦終了し、また入会しないといけないという面倒なものになっています。

これでは、入会費を出せと言っているようなものです。

入会費で終わらないのが

入会費を払って後は利益が出るだけと思いきや、毎月10~40ドル払わないといけないという仕様になっています。

仮に投資額の300%以上の報酬が出た場合、どの位手元に残るのかが疑問になってくるでしょう。

こういった部分を踏まえると、ビットシャワーで利益を得ようとするなら、原資となるドルがかなり必要です。

スペシャルボーナスが完全にねずみ講なんじゃ…

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:色見本のG&E

ここは多くの方が感じた部分だと思います。

誰かに紹介して、購入額の10%貰える、階層ごとに何%かの利益がというのは完全にねずみ講と言っているようなものです。

結局、ビットシャワーや最初の段階で購入した人間しか利益が出ず、下の階層の人間にはほとんど利益が生じないでしょう。

自分から自分を紹介するって…

ビットシャワーは自分から自分を紹介するというやり方も可能だそうです。

これで更なる配当をと言いつつも、入会費や毎月の費用を考えると旨味を感じにくい気がします。

そもそもビットコインを直接購入することが可能

ビットコインはビットフライヤーやコインチェックといった専門の取引所で直接購入できます。

わざわざビットシャワーやD9クラブのような業者を経由する方が面倒です。

仮想通貨に関する法改正が行われた

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:http://www.uraken.net/sozai/nagano.html

国民生活センターでは、仮想通貨をめぐるトラブルに関する相談件数も年々増加しているそうです。

そういった背景からか、平成28年に資金決済法の改正が行われ、平成29年4月に改正資金決済法が施行されました。

どうして法改正が行われたか

単純に利用者を保護する目的です。

仮想通貨交換業者の基準が厳しくなった

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:GATAG

仮想通貨交換業を行うためには、内閣総理大臣の登録を受けないといけなくなりました。もし、それを行っていなかったら法的に罰せられます。海外の仮想通貨交換業者の場合、日本に営業所と代表者を置き、登録を受ける必要があります。

登録のためには、資本金が1,000万円以上、純資産額が負の値でないことが条件となっているようです。しかも、公認会計士や監査法人による外部監査を実施することが義務付けられています。

利用者を保護するためにどういうことが義務付けられたか

仮想通貨交換業者は仮想通貨に関する説明と情報提供が義務付けられるようになりました。

要するに仮想通貨にはリスクが生じること、利益が損失した際にその事実と理由を説明しないといけないということです。

やっぱりビットシャワーは…

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:mukeshbalani.com

ビットシャワーのやり方もそうですが、法的な面から見ても信用できないなというのが率直な感想です。

様々なプランの中にビットシャワー側に利益が発生する仕掛けがいくつもあること、日本のどこに事業所があり、資本金はいくらかといった明記が見当たらないどころかイギリスのどこに本店所在地があるのかも分からないといったのが理由として挙げられます。

こういった面を踏まえると、皆さんはビットシャワーで仮想通貨のやり取りはやらない方がいいでしょう。

投資を行う際は

ビットシャワー D9ドル 原資画像引用元:http://oyaji40over.com/?p=1070

仮想通貨をはじめ、投資を行う際はある程度の知識とその業者は信用できるかどうか見極める目が大事になってきます。

皆さんが仮想通貨で少しでも利益が出るのを祈るばかりです。

【関連記事】

ビットシャワーの評価とは?不安なHYIPよりもD-BACに注目!

ビットシャワーの出金方法を徹底紹介!着金問題も多いHYIP案件

ビットシャワーの配当を詳しく紹介!今はD-BACがアツい!

ビットシャワーよりも圧倒的に稼げる案件とは

ビットシャワー D9ドル 原資

D9やビットシャワーに関してどうしても不安になっている方は多くいらっしゃると思います。「出金がスムーズにいかない」「出金が遅れて不安ばかり」など、色々あります。そもそも外国発祥のHYIPはいつ飛んでもおかしくないですから、投資すること対して安心を求めることは厳しいのかと思われます。

しかし、そんな中でも安心できる案件というものはあります。それが『D-BAC』というもの。この『D-BAC』は日本から生まれた案件で、会社は『株式会社クライス RCC』です。大阪の梅田に構えるこの会社では、HYIPとは比べ物にならないほどの安心感を得られるとともに、そもそもHYIPではなくプライス案件なので、HYIPのように飛ぶといった可能性はほぼありません。詳しくは以下の記事を読んで見て下さい。入会は日本で限定10万人ですのでお早めに!

【D-BACの一部の記事は↓から】

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

DBACカジノって儲かるの?ダウンロードしてお金持ちになる!