今回はD-BACに関して、D-BACを利用することの危険性や逮捕者がいたのかという疑問に関して詳しく紹介していきたいと思います。『D-BAC INTERNATIONAL LIMITED』とは『株式会社KRAIS(クライス) RCC(ロイヤルカスタマーズクラブの略)が制作した資金運用サポートツールの一つです。

D-BACを利用することで、カジノの基本ゲームとなる『バカラ』を攻略することができるということから、現在およそ2万人以上の方がD-BACを利用し、その勢いは留まることを知りません(会員登録数は限定10万人まで)。D-BACについて詳しく知りたい方は↓の記事を読んで見れば理解されるのではないでしょうか。

D-BACでどうしても勝てない方へ

【関連記事】

D-BACカジノの評価とは?クライス(RCC)は最優良会社

※注意事項①:ちなみに当記事では賭博サイト(オンラインカジノ)の入会を推奨しているわけではありません。入会する方は自己責任で行い、当サイトでは入会したことによる、または入会した後に起きた如何なる場合であっても、責任は負いませんことご了承くださいませ。

※注意事項②:当記事の作成者は刑法に詳しい者ではございません。当記事には信憑性のある情報だけを記載しているわけではございませんので、当記事を読んだ後に起きた如何なる場合であっても責任を負うことはできませんこと、ご了承くださいませ。

D-BACの利用が危険で逮捕者が出たという事実は無い

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

恐らくこの記事に辿り着いた方というのは、D-BACという一つのビジネス案件が危険ではないか、またはカジノが絡んでいることにより、逮捕者も現れたのではないかという噂を嗅ぎ付けて訪れて頂いたのではないかと想定します。

結論からお伝えしますが、D-BACのビジネス案件に入会したから、またはD-BACを利用したから逮捕者が出たなどという事実は全くありません。後に説明しますが、恐らく逮捕者が出たことが噂になったのは、賭博サイト(オンラインカジノ)でお金を賭けていた方が逮捕に至ったというニュースを拝見されたからではないでしょうか?

【関連記事】

D-BACカジノの評判とは?実際に話を聞いて分かったこと

賭博サイト(オンラインカジノ)利用による逮捕者の事例

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

確かに賭博サイト(オンラインカジノ)を利用したことによる逮捕者が出たことは事実であり、この件に関しての事例を一つ紹介します。2016年3月10日に京都府警サイバー犯罪対策課により、埼玉県川越市在住の会社経営の男性他3人を逮捕しました。

彼らはどうやら海外にて開設されたと思われる無店舗型の賭博サイト(オンラインカジノ)にて賭博を行っていたようです。逮捕の容疑としましては、ネット上で接続することにより利用が可能となった賭博サイト(オンラインカジノ)である『スマートライブカジノ』で同年2月18~2月26日まで『ブラックジャック』で賭けをしていたことだとし、全員が賭博を認めたのです。

『スマートライブカジノ』とは、英国に拠点を置いている登録制の賭博サイト(オンラインカジノ)であり、2014年9月頃には日本語版のサイトが設立されました。

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ画像引用元:おすすめのオンラインカジノ

サイト利用者は入会として『スマートライブカジノ』の会員登録を済ませ、クレジット決済や電子マネーを使用し、代行業者を通して外資に換金し、賭博を行うことが可能になります。

そんな中、京都府警は2015年10月頃に『スマートライブカジノ』の日本語版サイトを発見し、このサービス内のゲーム進行役(ディーラー)が日本人であること、そして開業時刻が日本時間の夕方頃から深夜に設定され、提供されていたことを確認。

事実上、この日本語版サイトが国内の日本人向けであることと判断し、クレジットの利用履歴から容疑者を割り出し逮捕へ至ったそうです。それでは何故逮捕へと至ったのか、その理由とされている6点を紹介します。

【関連記事】

DBAC利用でトラブル続出!?解決方法を一挙公開!

※注意事項①:全ての理由が逮捕理由へと繋がる事実であったわけではない場合もございますのでご了承ください。

※注意事項②:次で紹介する理由の中には『スマートライブカジノ事件』だけではなく、『ドリームカジノ事件』が混ざっていることも考えられますので、信じるか信じないかは自己責任です。

逮捕理由その①ディーラーが日本人であったこと

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ画像引用元:日本カジノディーラーズ協会認定校『日本カジノスクール

賭博サイト(オンラインカジノ)利用による逮捕の理由の1つとされるのは、どうやら『スマートライブカジノ』の日本語版サイトにて日本人女性のディーラーを採用していたことだそうです。現在賭博を違法としている日本からしてみれば、日本人の女性がディーラーをしていることは、カジノを推奨している者だと判断され、それこそ逮捕して下さいと言っているようなものです。・・・と言われているようです。

逮捕理由その②日本人向けの時間にサイトを利用できた

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

逮捕理由とされている2つ目はこの『スマートライブカジノ』の日本語版サイトが、日本人向けの時間に利用することができたことだと言われているようです。言ってみれば、日本と時差がある海外からしてみると、この日本の夕方~深夜の時間に合わせられた時間にサイトを利用できることが、海外の利用者からしてみれば非常に不便である時間帯であったという可能性があるわけです。

夕方~深夜といえば、日本人からしてみれば学校から帰宅した利用者、または仕事から帰宅した利用者にとっては非常に『スマートライブカジノ』を利用しやすい時間帯であるわけです。つまりサイバー警察からしてみれば、「これは日本人向けに作られている!」と判断されても、確かに仕方のないことなのかもしれません。

逮捕理由その③日本語でのチャット進行が可能だった

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

『スマートライブカジノ』では、日本人のディーラーがいたということ、そしてテーブル席に参加した際、他のテーブル席で参加している別の日本人プレイヤーとのチャットが可能だったということが原因だったとされているようです。

『スマートライブカジノ』からしてみれば、この機能によって日本人でも気軽に利用しやすくなると考えたのでしょうが、逆に逮捕者を出してしまう原因機能を追加してしまうことになってしまったのかもしれません。

逮捕理由その④他のプレイヤーの賭博状況が閲覧可能だった

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

逮捕理由その3として、他のプレイヤーが今何を賭けているのかという状況を閲覧することができた事が逮捕の原因になったようです。実は他のプレイヤーの賭け状況を見ること自体が違法になるわけではありません。他の理由との相乗効果で逮捕原因へと繋がったのでしょう。

それは何か、そう、それは他のプレイヤーとチャットをしながら賭けをすることができたからなのです。『スマートライブカジノ』では日本語チャットが可能でした。日本人プレイヤー同士は相手が日本人であること以外は分かりません。それが実はプレイヤーに扮した日本警察官であった場合でも・・・。もう分かりますね?日本人プレイヤーの賭博状況とチャット内を録画すれば証拠となります。

逮捕理由その⑤クレジットカード入金が可能だった

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

逮捕理由その5として、上記の理由その4に加え、『スマートライブカジノ』の会員がクレジットカードでの入金が可能だったことが原因の一つとされていたようです。チャットで日本人とのやりとりの録画に成功し、その後その日本人プレイヤーのクレジットカード入金履歴を確認したことにより、クレジットカード会社が割り出され、逮捕へと至ったようです。

つまり・・・入金だけを言えば、世界で使用されている『仮想通貨』での入金を行うことで足跡が付かず、あるいは・・・?いえ、これ以上は止めておきましょう。賭博サイト(オンラインカジノ)での入金は全て自己責任ですのでご注意ください。

逮捕理由その⑥逮捕者が自身のブログでプレイ状況を公開

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

逮捕の最後の理由としては、逮捕者は以前から『スマートライブカジノ』のプレイ状況を自身のブログにて公開していたことが挙げられています。これはつまり「私はオンラインカジノを利用して賭博を行っている!」と警察にアピールしていることと何ら変わりません。これら全ての理由が繋がり、逮捕者の足跡が付き、逮捕へと至ったのでしょうか。

日本人向けサイトだったことが逮捕者出現の原因か

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

このように、『スマートライブカジノ』では日本の違法となるギリギリのところであるグレーな範囲を進み過ぎ、更には日本人がサービスを利用しやすい環境にし過ぎてしまったことが、今回の逮捕者を出した原因だと言われているようです。なお、逮捕された3人は『略式起訴』とし、最終的に罰金刑10万~30万程度で済んだようです。

現在も様々な賭博サイト(オンラインカジノ)がインターネット上に存在し、日本人でも簡単にカジノ賭博を行うことが可能な時代です。しかし、その背景には上記のような逮捕者が出ていることも事実です。推奨はしませんが、賭博サイト(オンラインカジノ)の中には警察が逮捕まではできないようなグレーギリギリで利用できる大手オンラインカジノも多く存在します。しかし、利用する方は全て自己責任だということを自覚しましょう。

【関連記事】

ベラジョンカジノで逮捕者が!?判決が出たという噂とは

ジパングカジノで逮捕者!?信頼性あるD-BACカジノに大注目

逮捕はイコール有罪ではないということ

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

オンラインカジノ推進をしているわけではないですが、一部勘違いされている方のために、警察に逮捕されたからと言って、それが全てイコール有罪になるというわけでもないことを理解されることも必要でしょう。確かに暴力事件や殺人事件などがあったとして、そのほとんどが有罪となる場合があり、世間では逮捕=有罪のイメージが強いです。

しかし、中には上記での逮捕後や痴漢などで逮捕された後に、証拠不十分として無実や冤罪だったと判断される場合も多いわけです。事実、過去には賭博サイト(オンラインカジノ)を利用したとして容疑をかけられた複数人の中に刑を受けることに疑問を感じ、「この件に関しては最後まで争っていきたい!」との意向を示した方もいました。

世間からしてみれば「とっとと自分が犯罪を犯したことを認めろよ!醜いぞ!」と思ったり決めつけたくなるなるような案件なのかもしれませんが、容疑にかけられた方は最終的になんと不起訴を勝ち取ることができたのです。

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

つまり犯罪にはならず、前科も付かなかった。もちろん初めに紹介した逮捕者案件とは別です。では何故この方は不起訴を勝ち取ることができたのか。

それはこの案件が海外においてしっかりと合法的なライセンスを取得していた賭博サイト(『スマートライブカジノ』とは別のオンラインカジノ)に、日本人が国内のパソコンからこの賭博サイト(オンラインカジノ)を利用していただけだったという事案だったからです。

違法にあたるか合法にあたるかの区別ができていなかった状況にあった事案だったことも加え、容疑者は「賭博は確かに認める。しかし、この状況で不意に検挙されたことに納得がいかない」との言い分であったと言います。

※なお、現在2017年以降に逮捕者と有罪になった公表はされておりません。

安心?なオンラインカジノとプレイをする際の注意点

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

これまで賭博サイト(オンラインカジノ)利用により、実際に起きた事件の事例などを紹介してきましたが、ここでは他のサイトの方が実際に調査をし、安心&逮捕がされないとまでは言わないが、グレーの範囲内ではあるとされる賭博サイト(オンラインカジノ)の特徴とはどういったものなのか、また、プレイする場合はどのような注意事項があるか紹介したいと思います。

  1. 海外に賭博サイト(オンラインカジノ)のサーバーがある。
  2. 海外の企業が運営しているということ。
  3. 入金と出金がしっかりとできる。
  4. 決済も海外で行うことが可能。
  5. 日本語でのサポートがある。
  6. 質問するとしっかり返事をくれる。
  7. 『勝ち負け』と言える勝負ができる。

 

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

それでは次は実際に賭博サイト(オンラインカジノ)をプレイする上での注意事項を紹介しておきます。ただし、一つの参考として捉えて頂ければ幸いです。

  1. プレイ状況の画像をブログやSNSで公開したり自慢しない。
  2. 賭博サイト(オンラインカジノ)のIDやユーザー名の表記禁止。
  3. チャットなどでは個人を特定できるような発言は厳禁。
  4. それが日本人ばかりのテーブルであっても厳禁。
  5. ネッテラー以外での入金や出金は厳禁。(現金だけに・・・プッw)
  6. SNSで登録してあるIDやユーザー名とは別名で登録する。
  7. 金額の履歴または収支の履歴の公開は厳禁。(現金だけn・・・)

 

情報引用元:オンラインカジノ違法性

以上でお伝えしたこと以外にも禁止事項や注意事項はあるかもしれませんが、参考の一つとして常に頭の中へ入れておきましょう。現在、ネット上での犯罪が非常に多くなってきていることから、サイバー警察も神経を尖らして機敏な対応をとってきています。しっかりとルール?を守ってオンラインカジノを楽しみましょう。

ちなみに私たちが推奨するオンラインカジノは↓です。

オススメのオンラインカジノはこちら

D-BACではなくオンラインカジノ勧誘に注意!

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ画像引用元:http://eikaiwa.dmm.com/blog/3590/

私たちが注意喚起をしていきたいことは、賭博サイト(オンラインカジノ)を利用することもそうですが、それよりも、そのサイトや怪しい投資案件を勧誘してくる『アフィリエイター』の方々です。しっかりと信憑性のある記事を公開しているアフィリエイターを除き、世の中には危険な勧誘をしてくる方が非常に多いです。

まず“アフィリエイターは全て悪”だという概念は捨てましょう。危険な勧誘とは、会ったその場で美味しい話を打ち明け、その場で会員登録をさせることであり、登録する際などに契約書だったり利用することの規約を表記している書面交付が無い場合は注意しましょう。

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

他にも会員登録をした先にあるサービスの設立者、会社、または事業者の住所や電話番号などの連絡先がない場合も注意が必要になります。美味しい話に乗せられ、その場で会員登録をすることや、その場で会員登録の料金を支払ってしまうことは絶対に止めましょう。

しっかりと話を聞き、その上で自身でもその事業について調べ上げ、納得をした上で会員登録に進みましょう。勧誘に必死な輩は紹介者を出せば自身に紹介料が入ってくるケースがほとんどですので、美味しい話だけをして強引に勧誘してくるでしょう。これは投資に関しても言えることですが、自分で理解や納得していない状態で手を出すことは非常に危険です。気を付けましょう。

【関連記事】

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

法に基づき創造された信頼あるビジネス。それが『D-BAC』

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ

これらアフィリエイターたちによる危険な勧誘を除けば、マルチ商法自体は違法では無く、しっかりとした名称『MLM(マルチレベルマーケティング)』と呼ばれるビジネスであるということも理解しておきましょう。マルチ商法=ネズミ講だと勘違いされている方が非常に多いですが、本当に危険な勧誘をされることを名称として『ネズミ講』と呼ばれます。

ちなみにD-BACはバカラを攻略するツールと同時に、『MLM(マルチレベルマーケティング)』ビジネスでもあります。日本の名称で言えば『連鎖販売取引』とも呼ばれます。紹介者を出せばその分お金がキャッシュバックされるということですね。

もちろんD-BACはしっかりと法に基づいた上で制作され、会社である『株式会社KRAIS(クライス) RCC(ロイヤルカスタマーズクラブ)』の存在もあり、住所や電話番号、そして契約書や規約などの書面交付もあります。日本発祥のビジネスであるD-BACは全て法的な対処はクリアしているようです。

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ画像引用元:http://tabizine.jp/2015/11/18/50495/

私は400人以上にも上るが不満が残ってしまう『D-BACチーム』に在籍しているのですが、そのチームとは別に、現在新しく別のD-BACチームを設立しました。

このチームでは『チームの活性化』に焦点を置き、チームに在籍して頂いている仲間たちと毎日コミュニケーションやバカラに勝つための情報を共有をし合っています。オンラインカジノについて、またはD-BACについて詳しく知りたい方は一度チームに参加してみて下さい。

チームの参加=会員登録に直結するような『ワンクリック詐欺』的なものではありませんので安心してください。私のD-BACチームでは人見知りのような方々であっても、非常に暖かく迎え入れてくれ、そして情報を共有してくれる仲間たちに恵まれています。情報を教えてもらい、不満が出るようであればチームから退室すれば良いだけです。それほど私は自身の持つ仲間たちの暖かさには絶対的な自信があります。

DBAC最強攻略グループに入会

D-BACでのバカラ攻略情報やチーム参加に関して

D-BAC 危険 逮捕 DBAC 被害 カジノ画像引用元:photo AC

最後になりますが、私たちの実践しているバカラには「これをすれば絶対に勝てる!稼げる!」といったものはありません。それがたとえD-BACを使用したとしてもです。ただし、「絶対に勝てる!」から「ほとんどの確率で勝てる!」へと変化させることは全然可能です。

誰でも勝てるようであればカジノ経営などやっていられません。そんな中、私たちのチームではD-BACでバカラを攻略しようと、様々な情報を毎日共有し合っています。一人でD-BACもバカラも何も分からない状態で始めるのであれば、やはりチームで仲間たちが共有している情報を読むことや、実際に情報を聞いてみることがとても大切になってきます。まずは私が率いるチームへの参加をオススメします。↓からどうぞ。

DBAC最強攻略グループに入会

また、このサイトでは他にもD-BACを利用すればどのような賭け方やロジックがあるのか、またはどのようにすればバカラで勝てるのかをヒントとして紹介し、私のチームが一体どれほどの規模であるか、そして信頼できる暖かい仲間たちなのかについて紹介している記事がありますので、こちらの方を読んで見てからチームへ参加しても良いでしょう。記事は↓のリンクからお進み下さい。

【D-BAC】DBACカジノのかけ方と勝ち方!攻略のヒントはココ

D-BACでどうしても勝てない方へ