ビットコインやXRP等の仮想通貨が台頭し始め、投資の世界に変化が生じています。その際、様々な業者が出てきており、信用できるかどうか悩んでいるのではないでしょうか?

今回は危険性が非常に高いとされているビットモンスターに密着していきます。そして同時に現在安心安全だとかなり注目されている案件に関しても紹介していますので、興味のある方は是非最後までお付き合い下さい。

仮想通貨とは

ビットモンスター 危険性

仮想通貨はインターネット上に存在する専門の取引所で法定通貨と交換することで得られる通貨です。法定通貨とは、円やドル、ユーロといったものを指します。

ビットコインやXRP等が挙げられ、その中にはGoogleが参入したことで話題になっているものがあります。投資に関心のある方はご存じなのではないでしょうか?

仮想通貨の種類も多く、投資を行う際は慎重にならないといけないです。使い道として、買い物やサービスを受けるといったのは勿論のこと、海外への送金を楽に済ませられるというのが挙げられます。

特に手数料の安さが魅力的な要素となっています。また、価値が変動するため、高騰した際に一獲千金もゼロではないということです。

ビットモンスターとは

ビットモンスター 危険性画像引用元:http://bitcoin-news.site/?p=165

ビットモンスターはBitellerというイギリスに存在する会社が行っている投資プランです。18年に渡ってFXで実績を出しているようで、去年ビットコインによる投資にも参入しています。それらの結果に基づいて、法人だけでなく、一般投資家に対してもサービスを開始したという経緯があります。

初月で62.4%、平均48%の月利と物凄い実績を出していると公表しており、ほとんどの方が真顔になっているのではないでしょうか?こういった部分から、怪しいという声が出ているのです。

ビットモンスターの儲けの仕組み

ビットモンスター 危険性画像引用元:Mr.MのBTC LIFE

ビットモンスターにおける儲けの仕組みを紹介していきます。

ここは特に気になった部分ではないでしょうか?

デイリーボーナス

まずはデイリーボーナスで利益を得ることができます。最大で約1%の日利が発生するのですが、いくつかの条件が必要です。

参入時期

ビットモンスターの入金総額が1,000万ドル増える毎に日利が0.05%ずつ下がってしまいます。

日利はポジション毎に変わっていくのを覚えておかないといけないです。

ここまでの大金を出す方がどれくらいいるのかは正直疑問な所もあります。

2人以上の紹介

ビットモンスター 危険性画像引用元:バイラルクラブ

100%の配当を受けるためには、2人以上の紹介を10日以内に行わないといけないです。これを見て、ねずみ講だと感じた方が多いと思います。

紹介なしだと、デイリーボーナスが20%減り、紹介者1名だとデイリーボーナスが10%減る仕様になっており、利用者は誰かを必死になって探すでしょう。

恐らく、登録料が無料、わずかな金額を投資するだけでいいと言葉巧みに貴方に近づくかもしれません。

ちなみに、ビットモンスターは自分自身を紹介することもできるそうです。管理画面から3ポジション出すことで2名紹介したとカウントされ、100%の配当を受けられる使用になっています。

最大で15アカウント作れる

この辺りのシステムも他の仮想通貨交換業者が行っている手口として知られており、どこがで聞いたことがあると感じた方も多いのではないでしょうか?

組織報酬

ビットモンスター 危険性画像引用元:http://murashu-investment.com/bit-monster-1/

ビットモンスターには、ユニレベルとバイナリーという2つの組織報酬が存在しており、これが利益になってくる部分と言えるでしょう。しかし、この2つの言葉もねずみ講をやっている業者で耳にする方も多いのではないでしょうか?

ユニレベル

ビットモンスターを紹介した方がまた誰かを紹介するといった場合が存在します。そんな時に発生する報酬がユニレベルです。

要は一番の上にいるのが自分としたら、その下に人が増えていくにつれどんどん報酬が増えていくシステムだと説明すれば何となく分かるのではないでしょうか?

1段目は5%、2段目は2%、3~5段目は1%となっています。これが本当に成立するとかなりの報酬が発生しますが、実際はかなり難しいと思います。

バイナリー

こちらもねずみ講でよく耳にする言葉ではないでしょうか?左右どちらか小さい方のグループの入金総額により決定される報酬です。

直接紹介が無くても、上位者からの紹介者が2人発生するとバイナリーが成立します。最低3%の報酬、最大で7%の報酬と幅はありますが、日本円に換算するとある程度のまとまった収入が発生することになります。

ビットモンスターの危険性について

ビットモンスター 危険性

ビットモンスターにはいくつかの危険性が潜んでいます。

察している方も多いと思いますが、それについて密着していくので参考になれば幸いです。

日本に事業所が存在しない

ビットモンスター 危険性画像引用元:http://www.irasutoya.com/2014/04/blog-post_324.html

海外の仮想通貨交換業者が日本に営業所と代表者を置くのが法律で義務付けられています。

調べてみると、Bitellerは日本に代表者どころか営業所を置いていないようです。

こういった部分を踏まえると、怪しい投資ビジネスだというのが何となく分かるのではないでしょうか?

やっていることがねずみ講

ビットモンスター 危険性画像引用元:バイラルクラブ

ビットモンスターの利益の出し方がそもそもねずみ講なので、ほぼ成立しないものになっています。ここは多くの方が感じた部分ではないでしょうか?

ユニレベルやバイナリーも余程のスキルが無いと成立しないと言うのは前述でも説明していますが、紹介できる人に限りがあるというのにどうしてもぶつかります。そういった面があるため、ビットモンスターのビジネスモデルは次々と崩壊していくでしょう。

安心安全のMLMの案件を知りたい方はこちら

どうして15個もアカウントが作れるのか

ビットモンスター 危険性画像引用元:http://www.irasutoya.com/2014/04/blog-post_324.html

1人でそもそも15個もアカウントが作れるというのも謎です。恐らく、紹介できなかったら自分で複数アカウントを作らせ、そのアカウントに投資させるというやり方を推奨しているのが予想されます。

15個もあれば、1人で3段~5段の階層は余裕で作れてしまいます。多くの方が1人でいくつものアカウントを作らされていると思った方がいいでしょう。

ノルマを達成しないとデイリーボーナスを下げるという

ビットモンスター 危険性画像引用元:Wings Over Scotland

最大2人紹介しないと、得られるデイリーボーナスが少なくなるというのも疑問です。

これは自分で複数アカウント作るか、誰か知り合いにビットモンスターを紹介して投資させろと言っているようなものでしょう。

オフィスがあるとされている住所にBitellerが存在しない

ビットモンスター 危険性画像引用元:World Travel(リンク切れです)

Bitellerのホームページに記載されている100 Cannon Street, London EC4N 6EUという住所には、ハリファックス銀行があると言われています。

それを踏まえると、Bitellerは幽霊会社と考えるのが妥当なのかもしれません。やはり、その会社がキチンとホームページ等に記載されている住所に存在しないというのはおかしな話です。

どの業者でもそうですが、本当にその住所に会社が存在するのかというのを事前に調べた方がいいでしょう。

この他にも目的欄が支離滅裂かどうか、資本金や従業員数はどれくらいかが分からないというのもチェックしておかないといけないです。

そもそも仮想通貨の投資で毎日コンスタントに利益を出すのは不可能

ビットモンスター 危険性

仮想通貨やFX、株で毎日コンスタントに利益を出していくのはまず不可能です。

必ず、価格の浮き沈みがあるので、大なり小なりのマイナスが出てきます。この辺は皆さんの方が実感しているのではないでしょうか?旨い話はそんなに近くには転がってはいないです。

ビットモンスターは手を出さない方いい

ビットモンスター 危険性画像引用元:GATAG

結論として、ビットモンスターは手を出さない方がいいというのに達します。

あり得ない月利ビジネスモデルがねずみ講日本に事業所が無い等法律に反している投資で利益を出すのは難しいといった理由が挙げられます。

ビットモンスターに似た業者は多く存在しているので、普段から気をつけるようにしましょう。

安心安全の投資を知りたい方はこちら

キチンとした知識を持った上で投資を行いましょう

ビットモンスター 危険性画像引用元:http://toeic-eigo-blog.com/archives/3981

投資を行う際はある程度の知識を身に付けてから行う方がいいです。何も知らない状態で投資に手を出すと騙されて大金を失う可能性も大いにあります。

仮想通貨は上手く行けば利益が出る反面、大損するリスクが常に隣り合わせだというのを頭の中に入れておきましょう。

【ご質問は↓から】

ビットモンスターについてのご質問はこちら

安全安心の投資案件を紹介

ビットモンスター 危険性

皆さんはビットモンスターで痛い目にあってはいませんか?現在日本で広がっているHYIP案件にはビットモンスターやビットシャワー、またはセナーや現在も出金問題を抱えるD9などがありますが、どれも全く安心できない案件ですよね。D9に関しては9口程度ではあるものの、中々出金ができなくて私も悩んでいました。D9側は改善中とのことですが・・・。

しかし、そんな悩みを持ったあなたにも、一度『D-BAC』といいう案件に注目してみて下さい。『D-BAC』は日本から生まれた案件で、会社(株式会社クライス RCC)は大阪の梅田にあります。『D-BAC』はカジノのバカラで勝つために制作されたサポートツールと共に、MLMビジネスとしても現在大変注目されています。

人を紹介することが苦手な方のことも考え、しっかりと対策されており、プライス案件なので原資もしっかり徴収しているので、HYIPのように飛ぶことはほぼありません。気になる方は是非下記の記事を読んでみてはいかがでしょうか?日本では限定10万人までなのでお早めに!

【D-BACの一部の記事は↓から】

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

DBACカジノって儲かるの?ダウンロードしてお金持ちになる!

【HYIPについてのご質問は↓から】

 HYIPに関するご質問はこちら