「ビットシャワー利回り5%」が気にってこのページにたどり着いた方も。ビットコインで稼ぐ方法を知りたくてこのページにたどり方も、ビットシャワーを始める前に、今一度、ビットコインの存在意義を再認識しておきましょう。

このページでは2017年4月からリリースされた、HYIP有望案件とされるビットシャワーの解説と、それに手を出して良いのか?という方のために、そもそもビットコインとは何のために存在しているのか説明したいと思います。それでは、まず早速ビットシャワー(Bitshower)について説明していきます。

ビットシャワー(Bitshower)とは?

ビットシャワーとは画像引用元:情報量日本一!! HYIP同盟

これまで高収益案件として、D9clubが存在していましたが、それに匹敵する可能性が高いHYPE案件として全世界20カ国同時にリリースされました。(2017年4月)会社の拠点はイギリス ロンドンという事になっていますが、実際のところは不明です。

ビットシャワーの投資プランは3つあります。

ベーシックプラン

(100$ / 300$ / 500$)⇒配当 日/0.5% ※年間利率約125%

プレミアムプラン

(1,000$ / 3,000$ / 5,000$)⇒配当 日/0.8% ※年間利率約200%

プロフェッショナルプラン

(10,000$ / 30,000$ / 50,000$)⇒配当 日/1.2%※年間利率約300%

※配当は平日のみ付加され、年間約260日が日利付与対象日となっています。

ビットシャワーとは画像引用元:http://www.invest-rating.ru/financial-encyclopedia/

各プラン共通事項としては全額報酬合計額は投資金額の300%(つまり投資額の3倍)に達した時点でポジションは一時停止となり、停止されたポジションは同額を再投資することが可能です。再投資という形で新たに投資をスタートさせていく事となり、プラン変更することも可能です。

さらに、知人や友人に紹介した際に下記3つのスペシャルボーナスが発生します。このスペシャルボーナスを求めて参入する人もいるようです。

【関連記事】

ビットシャワーの出金方法を徹底紹介!着金問題も多いHYIP案件

ダイレクトボーナス

ビットシャワーとは画像引用元:http://tenshoku-rpg.com/topics/3713/

直接紹介された方の購入金額に対して10%のボーナスが発生します。10,000$購入すると100$が紹介者に還元されます。

ユニレベルボーナス

紹介した方から、さらに紹介者が出た場合、登録金額、階層に応じて配当が変わります。ベーシックプランだと4階層まで、プレミアムプランだと7階層まで、プロフェッショナルプランだと10階層目まで配当がもらえるスキームになっています。

つまり、自分→友人1→友人2→友人3→友人の友人4→友人の友人の友人5のように、おそらく10階層目は全く知らない方の分の配当を貰うことになります。

バイナリーボーナス

こちらもプランにより率が変わってきます。ベーシックは5%、プレミアムは7%、プロフェッショナルは10%となっており。2人以上に直接紹介した際にバイナリー権利が発生します。

その後、下階層の購入金額が少ない側の額に対してバイバリー(報酬)が発生します。ボーナスについてさらに詳しく知りたい方は下記のURLを参照ください。

Special Bonus

上記だけではよく分からないと思いますが、とにかく、紹介した分(頑張った分)だけ報酬が出るスキームである事には違いありません。

また、上記のスキームをネズミ講と言う人がいますが、断じて、ネズミ講ではありません。ネズミ講の本質を理解していない人が言っているようですが、例えるのであれば「宝くじ」の方がよっぽどネズミ講に近いでしょう。

では、そもそも、ビッドシャワーはどうやって利益を出しているのか説明していきます。

【関連記事】

ビットシャワーで入金できない疑問を解決!今年最強の案件登場

ビットシャワーが利益を出すスキーム

ビットシャワーとは画像引用元:http://www.minnadeooyasan.jp/10302

ビットシャワーのビジネスモデルは至ってシンプルです。「安く買って高く売る!」これを繰り返しています。最新鋭のコンピューターを屈指し、世界中の為替市場・ビットコイン市場をウォッチしながら、「安く買って高く売る」を繰り返しているのです。

日本国内でもビットコインが購入できますが、(bit Flver、zaifなど)取引所が異なれば常に差額が発生しています。この差額を国内のみならず、全世界を対象に見ているのですから、常に最大の利益を確保できるよになっているのです。

ビットシャワーとは画像引用元:https://okane-kamisama.com/blog/arbitrage/

アービトラージ(裁定取引)と呼ばれる、ビジネススキームでもありますが、スポーツの試合でも行われてます。イギリスにはスポーツ賭博で有名なブックメーカーが存在しますが、このブックメーカーの会社は世界に数千存在するといわれています。つまり、各ブックメーカーの数を踏まえると配当が数千通りあると言うことになります。

例えば、先日行われた欧州チャンピオンズリーグ2017のレアルマドリード対ユベントスの試合において、とあるブックメーカーでは、レアルに1倍の配当、ユベントスに3倍の配当をつけたとしても、他のブックメーカーではその逆もあり得るのです。

ビットシャワーとは画像引用元:https://bitcoinlab.jp/articles/133

両方に賭けていれば、外れることはありませんし、元本が減る事もないのです。他にもFXなど、アービトラージという手法は色々な場所で使われる手法なのです。それぞれに専用のソフトが開発されあの手この手を使い、常に最高益を獲得できる場所を探す事が出来るのです。

でも、本当にお金を出金できるのか不安ですよね。ビットシャワー自体、2017年5月末時点では着金問題も特に起きていないようですが、忘れてはいけないのは「マウントゴックス」事件です。

【関連記事】

ビットシャワーの配当を詳しく紹介!今はD-BACがアツい!

マウントゴックス事件の教訓とは?

ビットシャワーとは画像引用元:http://www.baysia-tokyo.com/cryptocurrency/mountgox.html

2014年3月に東京のビットコイン取引所から、115億円相当が消失した「マウントゴックス」事件。サーバーがハッキングされたのか、内部関係者が「抜き取った」のかは明確な答えは公表されておりませんが、この事件をきっかけにビットコインへの世間の不安が一気に高まりました。

一般的に例えると、1つの銀行が破綻しただけなので、=ビットコイン怪しと繋げるのは時期早々です。ただ、このようなリスクは常にセットということは認識しておく必要があります。オンライン上で管理されている以上、誰かが暗号を解く鍵を見つけることができれば、一気に崩壊への一歩をたどります。

ただ、メリットもあります。マウントゴックスのような事件があると、一時ビットコインの価値が下落します。そしてその後、回復していくのです。

ビットシャワーとは画像引用元:http://coin24.net/category/bitcoin/

2013年までは、世間に浸透することもなく平行線だったビットコインの価値もそれ以降は上がっており、事件があれば下落そして上昇、事件があれば下落そして上昇を繰り返しています。

リーマンショック直後に株を爆買いした人がいるように、常にこの下落を狙っていれば、常に勝ち組みに入れるのです。しかしそれは預言者ではない限り現実的には難しいでしょう。

1つ言える事は、下落がある以上は”100%利益が出るという保証は出来ない”という事になります。そうです。それはビットシャワーも同じなのです。

【関連記事】

ビットシャワーとは?出金方法や配当について【基礎知識編】

ビットシャワー(Bitshower)に手を出すべきか?

ビットシャワーとは画像引用元:http://1bitcoinhyip.hatenablog.com/entry/2017/04/10/193450

マウントゴックス事件も落ち着き、中国人ビットコイン爆買いの影響もあり、2016年以降ノリに乗っているビットコイン。そういう点を踏まえると、リスクはありますが、現時点では手を出した方が良い案件に入るでしょう。だだ、このビットコインバブルがいつまで、続くのかわからないという事を理解しておく必要があります。

そもそも、ビットコインは、投資で儲けるために利用されているのではありません。「変動相場制」を導入しているがために、投資案件としてビックアップされていますが、そもそもは海外送金時の金利の低さ、お買い物時の支払いにおける手数料が低いことから、現金取引やクレジットカード決済に変わる次世代のツールとして利用されている通貨です。

ビットシャワーとは画像引用元:Photock

「そこまでをお金を出してまで手に入れる必要がない」と世間が判断した時、ビットコインのバブルは一気に弾けてしまうということ事を認識した上で、ビットコインを購入しましょう。

以上、ビットシャワーについて解説いたしましたが、どうですか?ビットシャワーに投資してみようと思いましたか?「判断がつかない」という人のために、オススメの投資案件を1つ紹介しておきましょう。その名も、D-BACカジノ 今現在、日本で会員数を伸ばし続けている大注目の投資案件です。

【関連記事】

ビットシャワーの評価とは?不安なHYIPよりもD-BACに注目!

ビットシャワーはD9ドルが原資なの?D-BACという新案件に注目

ビットシャワーのように飛んでしまう可能性が無い案件

ビットシャワーとは

D-BACは大阪に拠点を置く株式会社クライス RCCが拠点をマカオに移して事業を継続させています。インターネットカジノでもルールが分かりやすく、取り掛かりやすい人気のカジノゲーム“バカラ”を攻略した勝つためのサポートツールを用いて大切なあなたの資産運用をあなた自身で行います。

また、日本発祥であることから、直接日本円での着金が出来るほか、会員全員から月の利用料として月額をしっかり徴収しているので、会員に対してキャッシュバックを行う金銭管理体制がしっかりと取られているので安心することができます。

日本は限定10万人だけの入会制限付ですので、会員募集開始から間が無い今こそ、本当の投資チャンスです。詳しくは下記をご覧ください。

【D-BACの一部の記事は↓から】

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

DBACカジノって儲かるの?ダウンロードしてお金持ちになる!

【HYIPについてのご質問は↓から】

 HYIPに関するご質問はこちら