ドージコイン(Dogecoin)とは2013年に開始された仮想通貨で、柴犬のミームをモチーフにしていると言われています。ドージコインが始まった当初はあまりメジャーではなく、殆ど知られていない存在でした。

しかし、ソチ冬季オリンピックに出場したジャマイカのボブスレーチームへ寄付として用いられたほか、橋を造る寄付を募集、著名人が別荘を売りに出した際にドージコインが用いられたなどした事で一気に注目が集まった仮想通貨となりました。

ドージコインは元IBMのエンジニアだったビリー・マーカス氏が過熱する注目の仮想通貨であるビットコインのパロディとして誕生させた仮想通貨で、この“Doge”もアメリカ版のネットスラングだそうです。

日本で一部の方が猫のことを“ぬこ”と呼ぶように、アメリカではDogのことを“Doge”というそうです。ちなみに…ドージコインも読みは様々なドージやドギーなどあるそうですが、日本では多くの人が“ドージコイン”と呼んでいるようです。

ドージコインの特徴とは

ドージコインとは画像引用元:http://days-works.xsrv.jp/okane-boshitecho/dogecoin/

ドージコインはコミュニティサイトのReddit内にある『Doge Market』を持っていることです。このDoge Marketでは、ビットコインや現実の商品を売買する際に利用することができるそうです。

オリジナルキャラクターの可愛らしさから注目度が高いのか、寄付金に使用される事も多く、先ほども申し上げましたが、ソチオリンピックの際にはジャマイカのボブスレーチームが資金不足で出場が危ぶまれた際、ドージコインのコミュニティサイトが投稿をして寄付金を募ったところ、3万ドル以上もの寄付金が集まり、ジャマイカチームがソチオリンピックに出場することができたという逸話が残っているほどです。

ドージコインとは画像引用元:http://xn--nckg3oobb0617bvm0atzcx31l5iau63a.com/archives/2382

現在のところは0.000001から0.000002ビットコインという価値しかありませんが、ネット上ではチップで使用される事もあり、少額の決済(マイクロペイメント)にとても有効でしょう。

他の仮想通貨と比べると特殊な利用をされていることから、注目される度合いの高いアクションがおきれば話題が集中し、ソチオリンピック寄付時の様に大量に使用される事で大幅な価格上昇を見せる可能性を大いに秘めている暗号通貨と言っていいでしょう。

また、寄付に興味や関心をお持ちの方はドージコインのコミュニティサイトにて様々なプロジェクトや寄付金募集の活動などを知ることができますので、投資で儲けた一部を寄付するなどの利用にドージコインを使ってみるのもいいかもしれませんね。

先に資金を集めてドージコインを買う方法

ドージコインの基本情報

ドージコインとは画像引用元:海外のお前ら

公開:2013年12月8日
開発者:ビリー・マーカス
通貨単位:DOGE
コイン発行上限:上限なし(現在ビットコインの約1万倍の1000億ドージコインが発行されていると言われています。)
マイニング:1分毎
日本国内の取り扱い:仮想通貨取引所である『Mr,Ripple』でも取り扱いが行われており、容易にドージコインを入手することができます。

ドージコインの価格は?

ドージコインとは画像引用元:MFクラウド

現在2017年6月8日現在のドージコインの相場を見てみると、仮想通貨としては第18位、価格が0.0035$の価格となっています。人気、シェア率共にNo.1のビットコインをみると2805.10$となっているので、その価格差は大きすぎるほどの開きがあります。

2016年年末あたりのドージコインの価格が0.023$なのでかなり下がっていますが、ここ最近の値動きを見てみると、かなり上下の差が激しいので、そのあたりを上手く見極めることができる先見の目を持っているプロの投資家なら、意外にねらい目なのかもしれません。

また、仮想通貨の運用を今から始めたいと考えている人には、少額ですので、大きな額を動かすまで、実際の仮想通貨を利用しての運用の練習にと考えるのであれば、価格の上昇が緩やかで低額な分、適しているのではないでしょうか。

今のうちに資金を集めてドージコインを購入しよう!

ドージコインの将来性

ドージコインとは画像引用元:http://bepnews.com/google-jpeg-kompresiq/

ドージコインの現在価値を見てみると、仮想通貨シェア率No1 のビットコインと比較すると、その価格差はとても大きく、ドージコインがビットコインほどの値をつけることができるにはまだまだ長い年月が必要となりそうです。

しかし、先ほどもお話をさせて頂きましたが、特殊な使用法をされていることが多く、ドージコインの価格の小ささから、少額の寄付に多くの手数料を支払う位なら、ドージコインを利用しようという人が増えればもちろん価値そのものが上昇しますので、不透明で緩やかな上昇でありながらも、ドージコインの将来性はあるとみている投資家も多いそうです。

将来性は仮想通貨のインフラ整備後!?

ドージコインとは画像引用元:https://www.meetup.com/ja-JP/communicationmastery/

既にグローバル化が浸透した結果、現在ではグローバル化がますます進み、インターネットを利用することも増え、国境に関わりなく様々な国や地域に人々が移り住んでいます。

これらに伴い、ある場所からある場所へ送金することも国をまたぐようになり、その送金回数もますます増える傾向にあります。

そうなってくると多くの人が送金手数料に頭を悩ませる機会も増えるので、銀行などの第三者機関を通して換金したうえで現金送金を行うより、手数料が安く単一通貨である仮想通貨の方が断然手数料も安く、個人と個人が直接送金することが可能になっています。

ドージコインとは画像引用元:photoAC

仮想通貨そのもののインフラ整備が進むことによって、今後ますます使用される機会は増えるでしょうし、それらに伴い、国内送金も直接送金できる仮想通貨を利用する機械も増えていくでしょう。

使用する人が多いほど、その価値が上がる中、ドージコインの様に低額の価値を持つ仮想通貨というのも、多くの人の目に留まることは間違いないでしょう。

ですので、将来性という点に於いては、仮想通貨の注目度や実際に利用される頻度が上昇する毎に、ドージコインもまたその価値を緩やかながらも上げていくとみられています。

ドージコインを買うための資金を増やす方法

ドージコインは投資に向くのか?

ドージコインとは画像引用元:CNN.co.jp

ドージコインは先ほどもお伝えしたように、人気・シェア率共にNo.1のビットコインと比べると1DOGEあたりの価格価値はとても低くなっています。そのため、大きく儲けたいと考えている投資には向かないでしょう。

しかし、少額であることや一部の人たちからは好んで使用されている仮想通貨でもありますし、注目度が高まり、一気に値上がりすることも十分に考えられます。

幸運に恵まれれば、もしかするとビットコインの様に大きな価値を生み出すかもしれませんが、万が一そのようなことになったとしても、ずっと先のことではと思われます。

ドージコインとは画像引用元:http://tanaka-desu.com/rikejyo-renai-01/

儲けるのではなく、先ずは仮想通貨の運用を学びたい人にとっては価格上昇がとても緩やかな分、初めての人が取り掛かりやすい仮想通貨でしょうし、万が一価格が下がっても、そう大きく資産を減らしてしまうこともなさそうですので、初めての仮想通貨投資にはむいているでしょう。

とは言え、実際に利益を手にするのもとても少額ですので、大きな期待は出来ません。ましてや、その運用益で生計を立てるとなると現段階では難しいでしょうからドージコインが投資に向くか否かはその人の投資スタイル次第ではないでしょうか。

微少利益より、日利5%のD-BAC

ドージコインとは

正直、利益が小さすぎて今後の見通しとしては勉強には良いチャンスですが、利益を出すにはやや不向きといえます。また、思い切って価格の大きな仮想通貨で投資を行って大きく資産を減らしてしまうのも不安です。

それならば、安定して日利5%~50%を稼ぐことも可能なD-BACで資産を増やすのが最も効率的です。

ドージコインとは

『D-BAC』とは、オンラインカジノ界でも実際のカジノ界同様に人気No.1の“バカラゲーム”に勝つために生み出されたサポートツールを使用して日利5%以上を稼ごう!という新しい新MLMです。

日本で産まれたMLMで、大阪の梅田に会社を構える『株式会社クライス RCC』が行っています。原資も会費としてしっかり徴収していますので、HYIPの様にいきなり飛ぶこともほぼありません。気に合ってしまったあなたは今すぐこちらをご覧ください。D-BACは日本で限定10万人までですので、お早めに!

【D-BACの一部の記事は↓から】

D-BACカジノの評判とは?実際に話を聞いて分かったこと

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

【HYIPについてのご質問は↓から】

 HYIPに関するご質問はこちら