ネガティブイメージで大注目されているD9。小出しにされてきた事実公表と、各リーダーを介しての伝言の様な伝聞の公開に会員の多くが不安に陥り、多くの噂が出回る事態となってしまっています。

そこで今回は数多くある様々な噂の中でも投資者や会員にとって気になるD9クラブの“業務停止命令”の噂について少し切り込んでいきたいと思います。では、早速いってみましょう。

D9が業務停止!?

D9 業務停止 命令画像引用元:http://d9club.work/archives/50

既に6月半ばに突入し、依然状況の変わらないD9の出金問題。そんな中、ネット上には“D9は業務停止命令がなされているのでは?”という噂が出回っていますが、果たして真相はどうなのでしょうか。

先ず、このような噂が出回っているきっかけとなっているのが4月3日に出金申請をしたにも関わらず、着金がされなかったことから騒動が始まりました。その後、D9より一般会員にも伝わった内容は、4月15日にD9本社のシステムがハッキングがされたということでした。

このことを会員へ向けて公表した際には被害はないということをD9は公表していましたが、D9の 指示通りに再出金申請を4月17日に行ってみたものの、5月6日になっても送金がされず、変わらない事態に様々な憶測や噂が流れた後、ハッキングによってD9のビットコインも盗まれたと1か月以上経過してようやく事実が公表されました。

【関連記事】

D9の業務停止には泉忠司氏も関係しているのか!?【最新情報】

遅い事実公表の裏で

D9 業務停止 命令画像引用元:coindesk(リンク切れです)

実際に被害に遭っていたにも関わらず、当初は公表していなかったD9のビットコイン盗難の事実公表が会員たちに更なる不安を与え、ネットを中心に騒ぎが拡大してようやく事態が動いている様な連絡が少しずつですが入って来るようになりつつあります。

しかし、かなり対応が後手に回った印象を受けますし、会員に対する連絡手段の見直しが早急に必要だと感じます。何も正しい情報が得られない間に、周囲ではビットコインが操業停止状態に陥っているという話まで飛び出してしまいました。

様々な噂とは?

D9 業務停止 命令画像引用元:photoAC

【噂 その①】日本支部トップリーダのカルロス藤山氏が逃亡した!?

【噂 その②】カルロス藤山氏がD9からビットシャワーに舞台を移した!?

【噂 その③】D9が業務停止命令を受けている!?

【噂 その④】D9は操業することができない!?

【噂その⑤】D9がとんだ!?といった噂が飛び交っていました。

カルロス藤山氏は飛んだのか!?

D9 業務停止 命令画像引用元:Twitter

カルロス藤山氏に関する噂は幾つか出回っています。中でもカルロス藤山氏が逃亡したという噂はポンジスキームで稼いだことがバレたことで逃走しているという何とも嫌な噂です。

結論から言うと、この逃亡したカルロスとは別人だったようで、ブラジルなどを中心に多い“カルロス”名なので、間違えられていた様ですね。

しかし、この情報が出回っている間もカルロス藤山氏本人は日本支部へ向けて損害賠償請求を行う、誠意ある対処が無ければ損害賠償請求裁判も辞さないとしたうえで、被害者の会を結成することが伝えられています。

また、それに伴う専用サイトを立ち上げる事などを会員に向けて発信しており、署名活動の予定があるなど、“被害救済”に動いている様子が本人より随時情報発信されていますので、こちらは単なるガセであって、カルロス藤山氏が逃亡したというのは今のところ間違った噂の様ですね。

カルロス藤山氏がD9からビットシャワーに鞍替え?

D9 業務停止 命令画像引用元:情報量日本一!! HYIP同盟

HYIP案件はポンジスキームであることも多く、ネットに詳しい人ならサイトがどの国からアクセスされていることが多いのか?そのあたりも調べている人も居ます。そして、ビットシャワーのアクセスがブラジルから多いことが分かっています。

2017年4月5日にビットシャワーが開始され、それに合わせてカルロスがD9ドルを買取り、ビットシャワードルに換金されているようだ!という噂まで出回ります。

現在でも第2のD9という風に呼ばれているビットシャワーはこういった噂が元でカルロスとD9、そしてビットシャワーが混ざり合って流出した噂の様です。ただし、先ほども言いましたが、ブラジルからのアクセスが多いだけに、潔白は証明しにくいのでは?とも感じます。

D9が業務停止命令を受けた!?

D9 業務停止 命令画像引用元:http://mirainohanashi.com/aboutprogramming

この噂に関しては着金できなかったことが発覚した直ぐ後には“操業停止してるんじゃないの?”という噂が出回りました。また、次に紹介する噂と混ざり合ってしまった結果出た噂ではないかと思われています。

D9は営業が出来ない?

D9 業務停止 命令画像引用元:https://noticias24hs1.blogspot.jp/2011/08/

5月13日にD9クラブ社長のダニーロ会長と、D9各国トップリーダーの会合が香港で行われた際、BETCOINCLUBが6月にOPENされ、7月にはアフリカでコンベンションが予定されていることが報告されました。

しかし、パラグアイの法律ではD9の仕組みが認められず、パラグアイでは操業が出来ないことが会員に向けて報告されています。この件と先ほどの噂が混ざり合って業務停止命令がなされていると勘違いをしたのでは?と感じます。

【関連記事】

D9への投資に対する現在の評判と問題について!今後はどうなる?

D9は現在業務停止なのか?

D9 業務停止 命令画像引用元:https://maroon-ex.jp/fx36792/F1obuj

着金できなかったことが発覚し、ハッキング被害が報告されてから現在までの間にD9が業務停止を受けている事実はないそうです。配当が滞っていることや様々な噂が錯そうした事に乗じた噂の一つに含まれてしまっているようです。

結論としては、限りなく業務を停止しそうな気配はしていますが、まだ健在しているのが実情です。

【関連記事】

D9で出金できないと不安の方へ!6月以降の最新情報を掲載

この事態はいつまで続くのか

D9 業務停止 命令画像引用元:http://nichiiro.com/10535.html

D9側はD9がハッキングの被害を受けたことを受けて、最新情報によるとブックメーカーに変わる新しい会社『BETCOINCLUB』を設立し、革新的な最新システムを伴って会社が立ちあげられる予定であることを公表しています。

また、現在も受けた被害に対処し、D9のサポートを行う事ができるシステムを導入し、業務を通常通り再開するにはまだ後少なくとも40日間は必要であることが今週発表されました。

ただし、これらは現時点でまだ着金がなされていないことから、疑おうと思えばいくらでも疑えるため、ただの問題先延ばしではないのかと受け取ることもできます。なんといっても申請したお金が入金されない限りは会員たちも安心はできないでしょう。

D9 業務停止 命令画像引用元:http://alfa-scorpio.com/

そして、一見カルロス藤山氏がD9日本支部会員の為に精力的に働きかけているように感じられますが、カルロス藤山氏とダニーロ会長がかつて展開されていた大規模詐欺組織ONETHORで繋がっていたという過去もありました。

そしてダニーロ会長がイタリア支部リーダー、そしてカルロスがアジアのマーケティングリーダとして活躍していたことが発覚していることから、まだまだ事態が好転している様には受け取ることができない会員も多いと思います。

D9 業務停止 命令画像引用元:ビットコインクラブ(Bitcoin)仮想通貨で本質的な資産を作ろう(リンク切れです)

確かに、D9ほどに成長している組織の中心となっているシステムそのものを一から強化させて立て直すにはかなりの労力と人員が必要であることはITに詳しくない我々でも容易に想像することができます。

最新情報では“あと40日ほど必要”とあり、確定されていないことも不安ではありますが、D9が本当にしっかり動いていると考えると8月近くまでかかりそうなのではないでしょうか。

【関連記事】

D9クラブの着金しない問題の最新情報!期間の遅い理由とは?

これらを踏まえて…

D9 業務停止 命令

ここまでのD9の流れや、これまでにポンジスキームだと言われていたHYIPが飛んでしまうまでの流れを見ると、投資をするにも難しく勇気が必要に感じてしまいますね。

しかし、危険なHYIPというのは笑いが起きてしまう様な高配当を売りにしていたり、ねずみ講システムが組み込まれていること、そして危なくなってくると頻繁に開かれる会合…といった様な素人目には少しわかりにくいかもしれませんが、どこか似た傾向があるのでは?と感じます。

【関連記事】

D9クラブが飛んだ!?カルロスが被害者の会を作りD9を訴えるの噂

危ないHYIP投資よりもD-BACを知っていますか?

D9 業務停止 命令

現在のD9の様な状態に陥ってしまう危険なHYIPで投資をするより、安心のD-BACで投資をする事の方が確実に儲けられます。確実に儲けられますとは、HYIP案件に比べれば安心だということなので、D-BACに投資すれば必ず稼ぐことができるというわけではありません。

D9 業務停止 命令

D-BACは大阪梅田にオフィスを構えている『株式会社クライス RCC』が運営している新しいMLM方式を取り入れている投資会社です。今、個人投資家も注目しているオンラインカジノで大人気のバカラゲームにD-BACだけのサポートツールを利用して勝つバカラゲームで儲けを出していきます。詳しく知りたい方は今すぐ下記を記事をご覧ください。

【D-BACの一部の記事は↓から】

D-BACカジノの評判とは?実際に話を聞いて分かったこと

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

【HYIPについてのご質問は↓から】

 HYIPに関するご質問はこちら