仮想通貨と呼ばれる通貨がにわかに注目されています。インターネットを通じて買い物やサービス利用ができるほか、海外送金の手数料が安く、円やドルなどさまざまな通貨とも交換できるためです。

最近は急速に普及する仮想通貨の価値上昇を見込んだ投機目的での購入も活発で、仮想通貨とバカラ計算機D-BACを利用して稼ぐ方法など、仮想通貨を使って儲けるさまざまな手段も研究されています。仮想通貨とはどのような仕組みなのか、より効果的に仮想通貨を利用するために、仮想通貨ができた背景や活用法などをみていきたいと思います。

仮想通貨とは

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:REUTERS

発行者や管理者がいない

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:https://www.tensyoku-station.jp/info/4227/

仮想通貨とは、インターネットを通じてサービスの対価に使用できる通貨のことです。円やドルなどの一般的な通貨とは違い、目に見える硬貨や紙幣の形では存在しません。

専用の取引所で円やドルに交換できるほか、仮想通貨そのものでも対応する買い物やさまざまなサービスに利用することができます。仮想通貨の特徴は発行者や管理者がいないということです。

仮想通貨はしばしば投機の対象になっていて、価値が上がることもありますが、逆に大暴落の可能性もあります。発行者や管理者がいないため大暴落の際の国や企業による保証はもちろんありません。

電子マネーとは違う

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:https://card.kinri.jp/pay/smart/smartphone-emoney.html

電子マネーは、現金をチャージしてスマートフォンやカードを通じて使用します。つまり現金を電子化しただけであって現金も電子マネーも常に価値は同じです。

一方、仮想通貨の場合、例えば円を何らかの仮想通貨と交換した場合、円も交換した仮想通貨の相場も常に変動しているため、その仮想通貨が交換時の円の価値を常に持っているとは限りません。

仮想通貨の価値が上がってから使用したり再び円と交換したりすると、購入した時の円の差額分が儲けになりますし、逆に仮想通貨の価値が下がると損失になります。

仮想通貨が広がった背景

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:GATAG

仮想通貨が広がった背景には、インターネット上の決済や国際的な送金が増えていることがあります。銀行を通じて送金した場合、手数料や時間がかかりますが、仮想通貨はインターネットを通じて早く、安く送金できるため、国際的なインターネットユーザーを中心に仮想通貨による取引が支持されています。国際的なインターネット取引の増加などを背景に、ビットコインをはじめとする新たな仮想通貨も次々と生まれています。

銀行も仮想通貨を開発

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:BitTimes

仮想通貨の浸透に危機感を抱いているのが、役目を奪われた銀行です。三菱東京UFJ銀行は2017年5月、開発を進めてきた独自の仮想通貨「MUFGコイン」の実証実験を始めました。

MUFGコインを利用するには、スマートフォンに専用アプリを取り込んで仮想通貨の口座を開設。1コイン当たり1円と交換でき、利用者同士でコインもやりとりできるそうです。まずは役員や行員から利用できるようにし、2018年度中の一般向け発行を目指すといいます。

銀行としては、仮想通貨にすると送金などで得られる手数料が減るデメリットがありますが、別の仮想通貨に取り引きを持っていかれるのを防ぐとともに、顧客を囲い込みたい狙いがあります。銀行のほか、地域活性化を目指し、住民や商店街を巻き込んだ地域版・仮想通貨の発行も行われています。

リスクは暴落や消失

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:歩かない旅人

主な仮想通貨が抱えるリスクは、価値が変動するということです。仮想通貨は投機目的で売買している人も多く、国際情勢の影響などを受けて価値が乱高下することがしばしばあります。仮想通貨を購入したものの、使いたい時や換金したい時に仮想通貨の価値が下がっていれば多額の損失となります。

最も多いといわれている仮想通貨を巡るトラブルは、ある仮想通貨が「確実に値上がりする」と言われて購入したものの、後でに換金に応じてもらえないというケースで、国民生活センターなどに多くの相談が寄せられているようです。

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:市況かぶ全力2階建

また、日本の取引所で大量の仮想通貨が消えた事件もありました。2014年3月の3日間で、仮想通貨であるビットコインの取引所「マウントゴックス」で115億円相当のビットコインが消失し、話題となりました。

サイバー攻撃や内部関係者の「抜き取り」などさまざまな原因が囁かれましたが、真相は不透明なままで、日本人も多額の損失を被りました。

時価総額1位はビットコイン

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:http://coin24.net/bitcoin/1867/

スマホが財布代わり

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:http://jisaka.blog.jp/archives/17689230.html

1,000近くあるといわれている仮想通貨で時価総額(通貨の価格×流通量)が最も高い(2017年6月下旬現在)のがビットコインです。ビットコインは、国際的なインターネット上の仮想通貨で単位はBTC(ビーティーシー)と表記され、1BTC(1ビットコイン)と数えられます。

ビットコインは、仮想通貨のためもちろん硬貨や紙幣は存在しませんが、パソコンやスマートフォンを財布代わりにビットコインが使えるところで物やサービスを購入することが可能で、日本では飲食店や電気料金、不動産関係の支払い、海外送金などに利用されています。

【関連記事】

仮想通貨の税金対策にはデビットカード!?バレることはあるのか

始まりは1本の論文

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:yazete

ビットコインをはじめとする仮想通貨の多くは暗号を利用し、偽造したり、情報を書き換えたりできないようになっています。ビットコインの始まりは、2008年にサトシ・ナカモトという人物が投稿した1本の論文でした。

その後、多くの有志が集まってプログラミングが行われ、2009年に初めて発行されます。初めは実験でビットコインの採掘、送金などテストに使っているだけでビットコインに価値がありませんでした。

仮想通貨とは 仕組み

2010年にあるプログラマーがピザを1万枚のビットコインと交換したのが最初の取引といわれています。その後、ビットコインは通貨としての価値を見出だされ、少しずつ価値を持つようになっていきます。

ビットコインは設計された当初から最大発行数が2100万ビットコインと決められています。しかも、4年ごとに発掘できる量が半減していきます。発掘量が少なくなると、採掘競争が始まり、より高速処理できるコンピュータでないと採掘できなくなってきます。

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:ビットコイン百科事典

そうすると、発掘するより、手っ取り早く現金をビットコインに交換して、値上がりするのを待つ人が増えてきます。このようにして、取引所が開設され、今日のように、世界中で取引されるようになりました。

ビットコインはプログラムによってビットコイン自身が発行量などをコントロールしているため、誰も管理しない自律した通貨ということになります。

中国で注目される理由

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:THE WALL STREET JOURNAL

ビットコインは特に中国で注目されており、世界中で流通するビットコインの取引額の90%以上は中国人であるという専門家の見方もあります。

中国でビットコインが支持される理由は、人民元の下落が予想される際に、ドルや円などの外貨と取引できるビットコインを購入しておけば、人民元安が続くことによる国際的な資産価値の低下を防ぐことができるためです。

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:https://businessmania.jp/bitcoin-china

中国の富裕層は人民元建ての資産価値を守るため、海外へお金を逃がそうするのですが、中国では外貨取引の規制が厳しく、人民元の持ち出しも規制強化されています。これらの問題を解決したのがビットコインでした。

ビットコインを使えば、中国政府の資本・通貨規制を回避して、国外に資産を持ち出すことができ、ビットコインで外貨を購入する中国人が多数存在すると推測されています。

ビットコインの投機・投資手法

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:http://jack-invest.com/stock-market

投機や投資で注目される理由

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:http://upstartup.biz/houhou.php

ビットコインが投機目的で注目される背景には、発行上限が決まっているという希少性から、このまま世界中に普及していった場合、「価値が上昇し続ける」との見方が多いことです。

また、ビットコインは世界中に取引所が存在するなど、多くに通貨との交換が可能で、さらに他の通貨に比べ発行元の国の金融危機、財政危機などにより、通貨価値が激減してしまうリスクもありません。

【関連記事】

仮想通貨とは一体何か?池上彰氏の考察を分かりやすく紹介!

短期・長期トレードで儲ける!?

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:MFクラウド

ビットコインは、購入して保管しておき、価値が上がった時に他の通貨と交換することで売買差益によって稼ぐことができます。ビットコインは値動きが激しいという特徴があり、株や為替(FX)のようにチャートを見ながら売買することで、短期間に差益を得ることができる場合があります。

また、ビットコインが今後も一層普及していくとみている人たちはビットコインを長期保有しておいて、購入時の価値を大きく上回るのを待ってから交換して、莫大な差益を得ようと目論んでいます。

【関連記事】

仮想通貨とは?わかりやすく仕組みから購入方法まで紹介する教科書

HYIPは元手を回収できない!?

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:http://happysora.com/archives/3926

HYIPとはHigh Yield Investment Program(高収益投資プログラム))のことで、HYIP の中には日利1%という高利息がつくような案件が存在し、稀にそういった案件にビットコインを投資して利益を得ている人もいます。

ただ、その手の案件は、すぐ破綻してしまい、元手を回収できないというケースがほとんどといわれています。ビットコインは送金が手軽なこともあり、世界中から集金したい悪徳業者にとって都合の良い通貨といえるのかも知れません。

【関連記事】

仮想通貨とは?最近の犯罪やビジネス関係で起きた事件について

バカラ計算機D-BACで稼ぐ!?

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:http://happysora.com/archives/3926

バカラとは、カジノなどで行われるトランプゲームで2~3枚の手持ちのカードの合計の下一桁が「9を超えない範囲で9に近いほうが勝ち」というのが基本的なルールです。しかし、自分がプレイヤーとして戦うのではなく、架空の人物2人を戦わせて勝敗を予想し、勝つ方に掛けるゲームです。

このバカラを攻略する計算機がD-BACで、ビットコインなどの仮想通貨が使用できるオンラインカジノでD-BACの指示通りに金額を掛けるだけで、確実に儲かる仕組みです。

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:http://happysora.com/archives/3926

本当にD-BACの指示通りに掛けるだけで儲かるの?という疑問があると思いますが、オンラインのバカラは金額を掛けずにプレイすることも可能で、D-BACの使用法を修得し、確実に儲かるという確信を得た上で仮想通貨を用いて本番に臨めるというメリットなどがあります。トレードやHYIP のように外部から受ける影響もないため、損失のリスクは限りなく少ないといえるでしょう。

仮想通貨は使うタイミングがある!?

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:http://bitcoin-newstart.com/bitcoin-howtouse

ビットコインをはじめとする仮想通貨の仕組みやメリット、デメリット、利用法を駆け足でみてきましたが、仮想通貨の歴史を振り返っていえることは、買い時・使い時、売り時があるということではないでしょうか。

ビットコインの例でみますと、ビットコインが発行された当初のほとんど価値のない時に購入していた人たちは、その後の価値上昇により莫大な差益を得ています。

仮想通貨とは 仕組み画像引用元:http://2ch-tamo.chu.jp/archives/2337

仮想通貨の価値や利便性が認められ、さまざまな仮想通貨が誕生している昨今では、仮想通貨のトレードによって差益を得ることは難しいかも知れませんが、仮想通貨について理解を深めることで、仮想通貨の特性を利用してまだ多くの人が知らない稼ぎ方ができる可能性を秘めていると思います。

そういう意味で仮想通貨で儲けたいと望むのであれば、バカラ計算機D-BACの活用などさまざまな仮想通貨の利用法を検討してみる必要がありそうです。

【D-BACの一部の記事は↓から】

D-BACカジノの評判とは?実際に話を聞いて分かったこと

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

【HYIPについてのご質問は↓から】

 HYIPに関するご質問はこちら