仮想通貨の法案が可決され、様々な角度から注目を集めている仮想通貨。そこで今回は、初心者が手を出してもいいかもしれないと思えるおすすめの仮想通貨のランキングをご紹介したいと思います。

時価総額ランキング

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:http://hamatome.hamazo.tv/e6550274.html

ここでは時価総額の上位5位までをご紹介させていただきたいと思います。

1位 Bitcoin(ビットコイン)

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:zpravy.e15.cz

2017年6月24日0時の時価総額は30万円超。仮想通貨の代名詞とも言える世界No.1のシェアを誇る巨大仮想通貨として成長をし、今年の5月は1ビットコイン辺り日本円にして32万円という時価総額を叩きだしたほどの盛り上がりを見せていました。

世界で初めて仮想通貨が誕生したのがビットコインでしたが、当初は1ビットコインあたり約1セント(約1円)程度の価格でしたが、突如高値を付け始め、多くの人々がビットコインに注目をし始めました。

その人気の理由として考えられるのが希少価値が高いこと。時折ビットコインは“金”に例えられる事もあるほど注目されており、発行枚数を2100万枚に限る限定発行を前提として現在も
少しずつ発行されています。

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:donanimhaber.com

そして、管理者がいないという点でも人気が高く、キプロスの政情不安に端を発し、それまで使用出来ていた法定通貨が半ば紙屑の様な存在に陥ってしまった事で政情不安定な国や地域の人たちにとっても自分たちの財産を守る有効な手段として注目され、人気が高まりました。

仮想通貨の中で最もメジャーであるビットコインは世界中で投機の対象として注目されています。安い時期に購入し、価値が上がると売るデイトレーダーの様な投機方法のほかに、HYIPといわれる会員を募って投資をすることで、投資先の会社が運用を行い、その利益を会員に還元するなど、様々な分野の投資や投機でもビットコインを扱っています。

2位 Ethereum(イーサリアム)

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:MOTHERBOARD

2017年6月24日の時価総額は37,000円超。堀江貴文氏が推薦している事でも認知度を高めたイーサリアム。人気の理由としてはマイクロソフトやJPモルガン・チェースなどの大手企業が活用しているほか、マイクロソフト社が連携を発表した事で世界中に一気に注目され、MUFGやトヨタなど日本の大手企業も参加したことで人気が高まりました。

3位 Ripple(リップル)

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:themerkle.com(リンク切れです)

2017年6月24日0時の時点での時価総額は32,000円超。アメリカのJPモルガンなどの主要銀行や証券会社に勤める人が開発した事で知られるリップル。現在の銀行や海外送金のシステムに多く残されている課題をリップルで解決させるために誕生したと言われています。

個人向けというよりはどちらかというと法人向けの国際送金時のコスト削減とスピード送金にスポットを当てた仮想通貨です。世界の多くの銀行で取り扱いが行われていることから、銀行が取り扱うほどであればと、海外決済を必要とする企業からの注目度が高まっているようです。

4位 Litecoin(ライトコイン)

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:coindesk(リンク切れです)

2017年6月24日0時の時点での時価総額は5200円超。ビットコインが誕生し、現在では次々と新しい仮想通貨が登場していますが、ライトコインはその先駆けともいえるビットコインの次に登場した仮想通貨で世界で2番目にできました。

ビットコインのマイニングが約10分に1度行われるのに対し、ライトコインは約2.5分に1度マイニングが行われています。そのため、国際間での送受金もビットコインの約4倍程度とスピード送金が可能な点が人気の理由のひとつです。

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:https://coinjournal.net/category/wallets/

また、発行枚数もビットコインの4倍である8400万枚に設定されており、マイニングがビットコインより4倍になっている分、発行枚数も4倍に設定されています。

さらに、発行枚数がビットコインより4倍多いということは、それだけライトコインの方が時価総額が安いであろうことから、ビットコイン価格が急騰し、手が出なくなった際の代替仮想通貨として見ている人が多いことも人気に繋がっている理由の一つです。

5位 Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:BITCOINMAGAZINE(リンク切れです)

2017年6月24日0時の時点での時価総額は2,200円超。Ethereumの仕組みを使ったDAOの機能を利用し、ハッカーが侵入して送金される事件が起き、被害総額52億円という巨額の損失を出したEthereumの対応としてハードフォークを導入しました。

それによって誕生したのがEthereum Classicと言われており、ハードフォークを導入していない以前のブロックシェーンを引き続き利用して運営を行っていることで分散投資での選択肢の一つとして人気が高まっています。

初心者におすすめの仮想通貨ランキング

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:http://publicdomainq.net/woman-girl-laptop-computer-0004978/

仮想通貨やビットコインには大きな注目があがっていますが、人気No.1のビットコインは現時点で1ビットコイン辺りの時価総額が日本円で30万円を超すなど、簡単には購入しにくい価格になっています。

そこで、初心者が気軽にスタートすることができる仮想通貨投資初心者におすすめの仮想通貨ランキングをご紹介していきたいと思います。

【関連記事】

仮想通貨とは一体何か?池上彰氏の考察を分かりやすく紹介!

1位 Bitcoin(ビットコイン)

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:https://zuuonline.com/archives/154677

時価総額でずっと1位をキープし続けているビットコイン。仮想通貨業界の中でもダントツのシェア率を誇っているだけに、現在は日本でも私たちの身近なところで支払い方法の一つとして使用できる場が広がっています。

マイナーな仮想通貨に手を出すよりは円に替える事や利用頻度の高さ、売買のしやすさと、どの角度から見ても扱いやすい仮想通貨です。

【関連記事】

仮想通貨とは一体どんな仕組みなの?稼ぎのチャンスはあるのか

2位 Ripple(リップル)

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:https://www.jubi.com/coin/xrp/articles

直近の半年の間のリップルの人気はほぼ2位に位置付けているほど高い人気を誇っています。ここ数日の時価総額の値動きをみてみると、6%ほど価格が上昇した後、4%ほど価格下げていますが、それでも人気2位、3位をキープしているのは、それだけ多くの人がリップルに注目している表れでしょう。

ビットコインとリップルは全く異なる性質を持っている仮想通貨だと言われています。リップルは『Pipple.Inc』という企業が提供している金融システムの総称で、仮想通貨は“XRP”エックスアールピーまたはリップルズと呼ばれています。

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:http://promati.club/ripple/about_ripple/

使用目的が明確に定まっており、法定通貨の取引をスムーズにする“ブリッジ通貨”と言われているほどです。実際に法定通貨の為替取引を行う際、取引所での手続きが面倒であり、買い手や売り手がいないという局面に面してしまいます。

そのため、多くの人が一旦ドルなどのメジャーな法定通貨に替えてから再度マイナーな法定通貨に替えることが多いのですが、その面倒な手続きをリップルでは為替取引の効率化を図るだけではなく、何度も支払わなくてはいけない為替手数料をグッと安くさせることが可能となる点で多くな注目を集めています。

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:http://punya-bitcoin.blogspot.jp/

初心者にとって仮想通貨に手を出すというのはとても勇気が必要となると思われますが、1位のビットコイン同様、ここ半年の人気がほぼ2位をキープしていることから、自分が売りたいor買いたいと思ったタイミングで取引をできるのも初心者におすすめの理由の一つです。

【関連記事カテゴリー】

リップルコインの記事カテゴリー

3位 Dogecoin(ドージコイン)

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:http://www.dogedoor.net/(リンク切れです)

このサイトでも以前ドージコインについて触れたことがあるのですが、このドージコインは他の仮想通貨に比べるとかなり特殊な目的で使用されている仮想通貨だと言われています。

その特殊な使われ方というのが、ドージコインの時価総額そのものがとても価格が低く、チップや寄付といった形で使用されることが多いのが他の仮想通貨と大きく異なる点と言えるでしょう。

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:http://bitscan.com/articles/spotlight-on-dogecoin(リンク切れです)

仮想通貨を初めて購入する際、時価総額の高いビットコインの場合、1BTCがおよそ25万円から30万円強の価格を推移していることから、突然高額な仮想通貨を購入するにはあまりにも冒険過ぎて勇気が出ない…という方にもおすすめ出来る低価格です。

そのため、大きく稼ごう!と考えられる対象では今のところありませんが、人気20位前後を推移しているドージコインで仮想通貨売買を実体験で勉強をするには手頃な対象となっているので本当に初めて仮想通貨をスタートさせるという方におすすめです。

【関連記事カテゴリー】

ドージコインの記事カテゴリー

これらのほかにも…

仮想通貨 ランキング 最新画像引用元:http://news.cardmics.com/entry/virtual-currency-matome/

リップルと2位・3位を争い続けているイーサリアムや4位から6位を推移しているイーサリアムクラシックなども人気を誇っているうえ、時価総額でも上位にランク入りしていることから、ほぼ、時価総額上位にランク入りしている仮想通貨は買い手がつきやすいという点でも初心者の方にはおススメできる仮想通貨です。

ただし、仮想通貨は株やFXなどの様にストップ高やストップ安などのシステムもなく、何かあった際にもあなた自身の資産を守ってくれる法律は現段階ではまだ整備されていません。

突然価格が高騰し仮想通貨長者になれる夢も持つことができますが、価値そのものが安定していない仮想通貨は逆に突然暴落してしまう危険性も含んでいます。くれぐれも自己責任での購入となることを忘れてはなりません。

【関連記事】

仮想通貨の税金対策にはデビットカード!?バレることはあるのか

仮想通貨とは?わかりやすく仕組みから購入方法まで紹介する教科書

仮想通貨とは?最近の犯罪やビジネス関係で起きた事件について

仮想通貨トレードで冒険するより確実なD-BAC

仮想通貨 ランキング 最新

同じ仮想通貨での儲けを考えるなら断然安心のD-BAC!大阪 梅田にある『株式会社クライス RCC』が運営しているD-BACはあなたの大切な資産を大注目のオンラインカジノで大人気の『バカラ』ゲームに勝つことによって儲けられるシステムです。

バカラゲームに勝つために必須なのがD-BACオリジナルのサポートツールの使用です。もしも今、仮想通貨を始めてみたいと検討中の方がいましたら、仮想通貨×インターネットで大きく儲けられる可能性の高いD-BACだけのシークレットな運用で周りの初心者を大きく引き離して儲けてみませんか?

詳しくは下記をご覧ください。日本で先着10万名様限定なので、今なら確実にあなたが儲かる道をゲットできるかもしれません。

【D-BACの一部の記事は↓から】

D-BACカジノの評判とは?実際に話を聞いて分かったこと

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

【HYIPについてのご質問は↓から】

 HYIPに関するご質問はこちら