人気仮想通貨の一つであるイーサリアム(ETH)は5月初旬に1ETHがついに1万円を超え、さらに中旬には2万5千円を超える高騰を見せました。このイーサリアムの高騰は今後も続くと予想されていたところ、思わぬ事態になった様です。

そこで今回は、イーサリアムの暴落が再び起きてしまった理由とは何だったのかについて詳しくご紹介していきたいと思います。暴落の理由を知ることで、今後もその前兆のようなものを感じ取ることができるヒントを得ることができるかもしれません。

イーサリアム(Ethereum)とは?

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:http://interestyou.info/ethereum.html

2017年に突入して以降のイーサリアムは1月には1ETHは僅か1000円ほどの価格だったのですが、5月4日に1万円を突破する高騰をみせ、一気に注目を集めました。

そして、そこから僅か2週間ほど後の5月19日には2万5千円にまで価格が高騰し、一時期リップルに2位の座を譲っていたイーサリアムの2位返り咲きが実現しました。

短期間でのこの高騰はアメリカ証券取引委員会(SEC)がイーサリアムETFと、EET審査を行っている事によるものと見られ、4月末に審査開始の情報が流れると一気に価格上昇しました。

イーサリアムのETFとは?

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:BitTimes

ここで注目しておかなくてはいけないのがイーアリサムの『ETF』です。このETFとはEtherindex Ether Trustのことで、日本語訳に直すと上場投資信託のことを指します。

このETF審査を通過し、採用されると、投資商品が証券会社を通して株やFXと同じように取引をすることができます。今回のイーサリアムETFは2016年7月にSECに提出されており、それを元に2017年4月25日より審査が開始されています。

イーサリアムETFが採用されるとどうなる?

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:https://bitcoinlab.jp/articles/243

このETFが採用されると、具体的には日経平均株価に近い運用が出来たり、株式市場に於いて堅実な投資先として認知されることから、多くの人の目に留まることは間違いありません。採用される=認められる事を意味することから、会社分析をする必要もなく、信頼のおける会社として認識してもらえます。

投資家たちは行政手続きを経ること無く、スムーズな投資をすることができますが、まだ審査が開始されたというだけで、採用されるか否かは分からない段階です。しかし、多くの投資家たちは“おそらく承認される可能性が高い”とみており、今年春の高騰に繋がりました。

EETとは?

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:UTMAG

EETとはEtherindex Ether Trust=イーサインデックス イーサ トラストと言い、アメリカイーサインデックス社によるNYSE Arcaへの上場を計画したものです。※NYSE Arcaとはアメリカに拠点を置いているインターコンチネンタル取引所が所有している株式の電子取引所です。

NYSE ArcaはイーサリアムETFを上場させるための要件を満たすためにETFに関わるルールの変更をSECに請求しており、その後に公開されたSECの報告書にはこのNYSE Arcaのルールの変更は適切であったとして、ETF審査を進めることが可能であると認められています。

このEETはカストディアンをアメリカコインベースとしており、イーサインデックス社が発行と償却を行う仕組みとなっています。

カストディアンとは

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:ウォール街によろしく~投資銀行のんびり物語

カストディアンとは投資家に代わって有価証券の管理を行う機関のことを指しています。私たち日本人が、アメリカなど他国の有価証券を購入した際、購入した有価証券の輸送費用や保険など様々な為替に関連した各国の法律による規制に則り手続きを行うにはあまりにも現実的ではないため、現地のカストディアンを利用するのが殆どです。

これは逆の立場にも言えることで、海外の投資家が日本の有価証券を購入した際には日本のカストディアンを利用しているのが一般的となっています。

イーサリアムが暴落?

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:https://bitcoinlab.jp/articles/366

かなりの高騰をみせ、多くの個人投資家を歓喜の渦に巻き込んだイーサリアムですが、ここへきてなんと暴落をしたというではありませんか。一体どういうことなのでしょうか。

イーサリアムは今年春の高騰をみせるまでに何度か暴落を繰り返しており、その結果の高騰にもつなっがています。いわば紆余曲折しながらも短期間で高騰をみせる回復力を持っているとも言えるでしょう。

2015年にマイクロソフト社がイーサリアムのブロックチェーンを採用した事で価格は70倍も高騰する飛躍的な価値上昇を見せましたが、2016年6月にハッカーによって日本円にして約50億円相当のETHが盗まれる事件が発生し、これが原因となって価格が暴落しました。

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:https://coincheck.com/blog/1730

このハッカーによる事件によってイーサリアムはイーサリアムクラシックと2つに分かれる事となるのですが、僅か1年ほどでその暴落を超える高騰をみせ、見事に時価総額2位に返り咲いています。

人気があり、価値の高い仮想通貨はハッカーに狙われやすくなるのが現在の仮想通貨の弱点でもあります。そんな回復力を見せていたイーサリアムが再び暴落とは一体何が原因だったのでしょうか。

再び暴落した原因とは?

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:http://www.minnadeooyasan.jp/10302

2017年6月下旬に起きた暴落ではStattus(ステータス)のICOで取引ネットワークが混雑し、送金が詰まった事が原因ではないかと言われています。

このICOに多くの人が殺到した事で送金が詰まる…つまり、それだけイーサリアムに注目している人が多いということの証明にもなります。今回の暴落はチャートを見てみると、10%前後の暴落だったと言われています。

一旦価格は暴落しましたが、6月29日にはその反動からか一気に価格を取り戻しており、その後、小刻みに価格を下げながらも最終的には数日かけて5%ほどの値下がりに留まる回復を見せていますので、当日は暴落と感じて不安を感じた人も多かったと思われますが、長期的な目でみると、まだ暴落と言える範囲ではないのではないか?と感じます。

ICOとは?

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:Bibit Post

仮想通貨のICO(initial coin offering)とはクラウドセールのことで、プレセールと呼ばれる事もあります。これは、まだ世に出回っていない段階の仮想通貨(トークン)を発行することによって、運営側は費用を調達することができます。

ICOを購入する側のメリットは低い価格で仮想通貨を購入できるという点です。ICOでは、まだ出回っていない新規仮想通貨を購入しますので、一般の取引所の価格より安価で購入することが可能です。

このクラウドセール(プレセール)前の仮想通貨が公開される事で一気に値が上がる可能性が高いことから、購入した人にとっては大きな資産を得ることができる“めったにないチャンス”であるというわけです。

既に大注目だったStatus

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:ZDNet

イーサリアムのStatusが6月20日より開始されることがTwitterを中心にSNSや資産管理アプリにも広告があがりました。この広告やSNSでの宣伝によって、事前にこれらを見た人たちがこのStatusに注目し、さらには直ぐに反応した個人投資家たちもこのICOやStatusについて解説するブログなどを発信していました。

ここまでくると、ICOに興味の無かった人たちも、もしかすると高騰し続けているイーサリアムだし…ということで一気に購入したとみられています。

【関連記事】

イーサリアムの購入方法!日本で購入するためにわかりやすく紹介

イーサリアムでは?

イーサリアム 暴落 再び 理由画像引用元:http://virtualmoney.jp/I0001092

イーサリアム側はネットワークの詰まりによって生じた送金遅延に関し、既に落ち着きを取り戻したと発表しています。しかしICOの需要の高さを考えると多くの期待を込めている人も多いことから、今後もICOのStatusが始まったことで、これからの価格動向は暫く目が離せないと言えます。

今後のイーサリアムの価格動向に関しては少し注視する必要がありますが、8月のボーナス時期や来年3月の決算期を挟み、しばらくは大きく高騰することはなさそうですが、長期的な目で見ると、まだまだイーサリアムは可能性を秘めています。

ビットコインの最近の人気がアルトコインに流れることがあれば、もしかするとイーサリアムが1位に浮上する可能性も捨てきれません。

【関連記事】

イーサリアムは今後いくらになる!?価格の動きを予想してみた

仮想通貨の価格動向だけで投資するよりもD-BAC!

イーサリアム 暴落 再び 理由

イーサリアムの今回の暴落では一時期4万円台で取引されていたこともあることから、高値で購入した人にとってはかなり手痛い暴落ではないかと思います。

仮想通貨のみで資産運用を行っている人によっては価格の僅かな動きでも一喜一憂することもあり、なかなか落ち着いて資産を増やせないと感じている方も多いのではないでしょうか。

イーサリアム 暴落 再び 理由

そこでお勧めしたいのがD-BAC!このD-BACは現在注目を集めているオンラインカジノで大人気のバカラゲームを使った確実に儲けることができる資産運用を目指しています。

大阪梅田の株式会社クライス RCCによって運営されていますので、日本語でのサポートはもちろん、対応も安心して受けることができます。価格のみの投資より確実なもう一つの資産運用でしっかり儲けていく投資を始めてみませんか?詳しくは下記をご覧ください。

【D-BACの一部の記事は↓から】

D-BACカジノの評判とは?実際に話を聞いて分かったこと

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

【HYIPについてのご質問は↓から】

HYIPに関するご質問はこちら