オズプロジェクトとは、仮想通貨を管理できるマルチウォレットを主体として、「トレード」「マイニング」「MLM」の3つを使った資産運用で稼ぐというプロジェクトです。

インターネットなどでオズプロジェクトの情報を検索すると、「大型の投資案件である」ということや、「素晴らしい投資案件である」という情報とともに「怪しい投資である」「信用できない」などといった情報も出てきます。

実際のところ、オズプロジェクトとは信頼性のある投資案件なのでしょうか?今回の記事ではプロジェクトの概要や、オズプロジェクトの信頼性などを検証していこうと思います。

トレード報酬

オズプロジェクトとは画像引用元:日利5%で資産構築!

まず、オズプロジェクトに投資することによって得られる報酬の中でも注目したいのがトレード報酬です。オズプロジェクトによるトレード報酬は、「ビットコンパス」という人工知能を使ったアービトラージによる仮想通貨取引で効率的に資金を増やし、配当するというものです。

このトレードによる配当は4ヶ月後で2.5倍です。この際に半分は返金され、もう半分は再び運用されるそうです。
例えば100万円を投資した場合、4ヶ月後に250万円になり、250万円の半分である125万円が返ってきて、残りの125万円は再び投資に回されるということです。

オズプロジェクトとは画像引用元:http://oz.bitsurfer.jp/info-20170510/

つまり4ヶ月後にはプラス25万円にはなるのです。すごいのはここから先で、さらに4ヶ月後には125万円の2.5倍ですから312万5000円となります。そしてその半分の156万2500円が手元に入り残りの半分が運用されます。

この段階でプラス181万2500円です。計算していくと、1年間で100万円が953万1250円となります。そんなバカなと思われるかもしれませんが、下記の説明を見れば、多くの人が納得するはずです。

ビットコンパス

オズプロジェクトとは画像引用元:http://nightgod.hatenablog.com/entry/2017/01/18/212150

ビットコンパスとは、FXの取引で100%勝てるロジックを搭載した人工知能のことです。簡単に言えば、トレードに関して一定のルールをもうけ、感情に左右されずにそのルールを忠実に守るというシステムトレードの一種です。

プログラムに基づいて行う取引ですが、AIによってその精度が極限まで高まっているそうです。そして現状の月当たりの利回りがおよそ140%から180%という結果になっています。

オズプロジェクトとは画像引用元:FX攻略.com

「100%勝てるのであれば投資にならない」「そんなにうまい話があるはずがない」と考える方も多いでしょう。しかし、実際にビットコンパスを使用したトレードの実演を見た方は、その精度の高さに納得しています。

これは、もともとDMM社の元エンジニアが開発した勝率70%と言う優秀なトレードシステム「コンパス」に、AIを入れることによって、さらに、96%にまで勝率は引き上げることができたという背景があります。

オズプロジェクトとは画像引用元:http://kamita2.at.webry.info/200807/article_58.html

この高い勝率を活用して月に40%以上の利益を出す運用を実現しています。今回のオズプロジェクトのAIトレードは、仮想通貨によるトレードになります。

仮想通貨のトレードは、FXのトレードよりもわかりやすく、コンパスの開発者に確認をしたところ、コンパスがパフォーマンスを出しやすい環境であるそうです。

オズプロジェクトとは画像引用元:日利5%で資産構築!

それにしても、人工知能の投資が人間による投資よりも確実な利益を出すというのが不思議です。多くの人がトレードで失敗する理由は「損切りが出来ない」という部分にあり、ピットコンパスによるシステムトレードは、機械的な損切りが行われるため、高い利回りを確保することができるのです。

月利140%ということは、4ヶ月で資金は3.84倍になります。2.5倍の配当を支払ったとしてもまだまだ残りますよね。

アービトラージ

オズプロジェクトとは画像引用元:LIGINC.

アービトラージとは、同じ価値を持つ商品の一時的な価格差が生じた際に、高い方を売り、安い方を買い、その後、価格差が縮小した時点でそれぞれの反対の売買を行うことで利益を獲得する取引のことです。

ビットコインのトレードにおいてもこのアービトラージを利用することは可能です。世界中で取引されているビットコインは、全てが同じ価格で取引されているわけではありません。世界中の取引所では同じ時刻でも少しずつコインごとに価格差が生じています。

オズプロジェクトとは画像引用元:FORTUNE

このビットコイン業界特有のズレを用いて確実に利益を出すのがビットコインにおけるアービトラージです。オズプロジェクトは、ビットコインマイニングとビットコイン取引所の2つを運営しています。

そのため、ビットコインの相場に関するハイレベルな情報をシステム上で監視しているため、このアービトラージによって100%利益を出す取引を行うことができるのです。

マイニング報酬

オズプロジェクトとは画像引用元:http://coin24.net/bitcoin/413/

ビットコインマイニングとは、有志でビットコインの管理に参加し、そこにパソコンを提供する代わりに新規発行のビットコインを報酬としてもらうという方法です。ビットコインの管理には非常に複雑な計算処理が必要になるため、個人のパソコンではマイニングすること自体が難しくなっています。

しかし、マイニングを行うことができる大企業に投資するということで一般の人もビットコインマイニングに参加することができます。大企業は投資された資金を元にしてマイニングのための設備を整え、マイニング報酬を増やし、それを配当として出資者に分配するのです。

オズプロジェクトとは画像引用元:仮想通貨の投資方法

このオズプロジェクトも出資者からの資金を元にしてマイニングを行い新規発行されたビットコインをえています。そして、オズプロジェクトのマイニングに出資した場合、月利5%のマイニングコミッションを1,000日間毎日受け取ることができます。

そして1,000日後にマイニングのために投資した元本は全額返金されます。つまり、実質0円で1,000日間もの間毎日マイニングコミッションを受け取り続けることができるということです。

オズプロジェクトとは画像引用元:http://www2.hp-ez.com/hp/tokusyuseisou/

1,000日ということは約33ヶ月ですから、100万円投資したとすれば、毎月5万円を33ヶ月間受け取り続け、33ヶ月後に最初に出資した100万円が戻ってくるということになります。すると手元には265万円が残ることになり、2.65倍の配当になるということがわかります。

3年弱という時間がかかることがネックですが、それによってオズプロジェクト側もマイニング設備を整えることで、継続的にビットコインを獲得し続けることができるというメリットを考えると、出資者だけが得をするというわけでもなく、オズプロジェクト側にもメリットがあるため、出資者も、オズプロジェクト側もWINWINの関係だということが言えます。

【関連記事】

オズプロジェクトとは怪しい投資案件!?信用性はあるのか紹介

MLM報酬

オズプロジェクトとは画像引用元:http://jhakuda.com/?p=672

以上のように、トレードとマイニングによって投資した資金を安定的に増やしてくれるオズプロジェクトですが、利益を安定化させるためには、より多くの出資者を募りたいと考えています。

オズプロジェクトの目標は仮想通貨3.0を運営するために100億円という資金を集めるということです。そのためには、まだまだ出資者の数が足りないので、MLMのシステムを採用しています。

オズプロジェクトとは画像引用元:http://jhakuda.com/?p=672

このシステムは会員数を増やすことによってオズプロジェクトが発行するオズポイントを広く消費者に知ってもらいたいという思いもあるからのようです。

MLMとはマルチレベルマーケティングのことで、もう少し有名な言葉で言うとネットワークビジネスです。紹介された人がそのビジネスで稼げば、その報酬が何割か紹介者に入るというものですね。

オズプロジェクトとは画像引用元:RetailNews

オズプロジェクトは恐ろしいことにこの初回ボーナスの還元率が100%です。これはどういうことかというと、紹介された人が出資したお金は全て紹介した人の手元に渡るということです。

母体であるオズプロジェクトは、出資された金額を実質的には受け取らないということになるのです。このようなMLMは業界初なのではないでしょうか。

【関連記事】

オズプロジェクトは仮想通貨とMLMで儲けられる投資なのか!?

オズプロジェクトは安心なのか?

オズプロジェクトとは画像引用元:http://bit-billionaire-dl.com/archives/category/oz-project

ここまでの話を聞いて、「話がうますぎる」「そんなに確実に儲かる方法なんてあるはずがない」と思う人がほとんどだと思います。投資にはリスクがつきものですので、100%安全な投資などありません。

もちろんこのオズプロジェクトにおいても100%安心して儲けられると言えるものではありませんが、そのリスクはかなり低いと言えます。というのも、このオズプロジェクトを監修しているのは、ダイスウォレットという企業です。

オズプロジェクトとは画像引用元:http://www.dicewallet.com/jp

ダイスウォレットは、仮想通貨の取引所であり、口座数はすでに40万口座を超えています。取り扱っている通貨はビットコインだけではなく、リップルコインやイーサリアムなど、複数のものを扱っているため、安心です。

そして、ありえないような還元率も、なぜそのような還元率になっているのか理屈が通り、このプロジェクトの目的や思惑も理解できる内容であるため、単純に出資者だけがいい思いをするような良いことばかりを並べて結局逃げるような詐欺とは違います。

オズプロジェクトとは画像引用元:トレードビットラボ

ちなみに、2017年4月1日から仮想通貨関連法という法律が施行されたため、仮想通貨を発行する業者には、金融庁の登録が必要になりました。この法改正によって、詐欺まがいの通貨を発行する業者は淘汰されていくことが考えられます。

また、オズプロジェクトは、仮想通貨ではなく、オズポイントというポイントを購入する形になるので、この法律には抵触しません。またこのダイスウォレットはシンガポールに申請している企業なので合法になるようです。

【関連記事】

オズプロジェクトへの投資は信用できるの?怪しいという声は事実?

まとめ

オズプロジェクトとは画像引用元:http://oz.bitsurfer.jp/ozproject-signup/signup-5-2/

投資に100%ということはありませんが、このオズプロジェクトが発表している内容が本当なのであれば、間違いなく投資した資金は増えるでしょう。

問題になるのは「発表している内容が本当なのかどうか」という部分ですが、オズプロジェクトに関しては、かなり信頼性が高いと言えます。理由は、実際に説明会に参加した人や、AIトレードの実演を見た人が「確かに勝てる」という見込みを立てているためです。

トレードとマイニングとMLMという三つの柱で稼ぐオズジェクトに興味があれば、一度資料請求をしたり、説明会に参加したりしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

オズプロジェクトに関わる山下社長とは誰なのか?怪しいとの声も

今は自分で資産運用する時代!

オズプロジェクトとは

当記事によってオズプロジェクトにについてある程度理解されたかとは思いますが、やはりそれでも素性の分からない企業へ投資することは非常に心配になってしまうことも事実です。果たして本当にオズプロジェクトへ投資しても良いのか・・・。

そんな方にオススメな案件がD-BACです。D-BACはカジノでNo.1の人気を誇るゲーム『バカラ』に勝つために制作された電子計算機であり、資産運用ツールです。そう、今はHYIP等のように、訳も分からないところへ投資するよりも、自分自身で資産運用していく時代に変わってきています。

オズプロジェクトとは

HYIPのほとんどが海外発祥のパターンが多い中、D-BACはそもそもHYIPではなくプライス案件であり、会社は大阪の梅田にあるので、不具合があった際にも連絡することができ、もちろん日本語での対応をしてくれるので安心できます。プライス案件であるD-BACはHYIPのように原資不足で飛んでしまうことも無く、毎月使用料(ローカル登録12,960円,ワールド登録250ドル)や他の事業から原資を徴収しているので、原資不足になることは考えにくいです。

D-BACはMLMビジネスとしても非常に秀逸な案件であり、むしろMLMがメインのビジネスです。詳しくは省きますが、MLMでの権利収入を元に、その複利でD-BACを使用して資産運用をしていくことが最大の目的であり強みでもあります。もちろん権利収入関係なくD-BACツールで稼ぐことも可能です。日本では限定10万人までしか登録できないため、お早めのチェックをお勧めします。

【D-BACの一部の記事は↓から】

D-BACカジノの評判とは?実際に話を聞いて分かったこと

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

【HYIPについてのご質問は↓から】

HYIPに関するご質問はこちら