小玉歩主催のコミュニティ・FMCで月収100万円は本当!?FMCの内容など紹介

「月収100万円なんて稼いで当たり前」といわれると、どうすれば月に100万円なんてお金を稼げるのか方法を知りたくなるのが、一般人の人間心理ではないでしょうか。

そんな人間の金銭欲につけこんで入会を募っているのが、小玉歩さんという方が主催する、ネットビジネスを行う人のコミュニティ「Frontline Marketing Club」(FMC)です。

FMCでは、アフィリエイト、転売などネットビジネス全般を学ぶことができるようで、販売ページによりますと、購入者は“ある程度”の努力ができれば、月収100万円を稼ぐことができるようになるそうですが、この“ある程度”の努力がどういったことを意味するのか気になります。

また、FMC生による成功談が抽象的で、実は稼いでいるといわれるFMC生とは小玉歩さんの情報商材やセミナーの販売に携わることで稼いでるとの指摘もネットに上がっています。今回は、小玉歩さんのプロフィールを紹介するとともに、FMCにかかる費用に対して本当に稼げるのかなど、FMCの実態に迫りたいと思います。

小玉歩のプロフィール

小玉歩 FMC 費用画像引用元:Youtube副業収入情報チャンネル

生い立ち

小玉歩さんは1981年5月生まれの秋田県出身で、父親はラーメン店を経営していたそうです。大学は新潟大学人文学部で学び、卒業後はキヤノンのグループ会社のキヤノンマーケティングジャパン(本社・東京)に入社し、2004年4月から2011年11月まで営業やマーケティングに関する部署で勤めていたそうです。

営業ではトップクラスの成績を残すほど優秀だったといいます。サラリーマン時代は、「17 September」というバンドでメジャーデビューするなど音楽活動をしていた時期があったようです。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://lookintheworldwithme.com/note/archives/4506

Amebaのブログのプロフィールによりますと、「17 September」は2007年よりライブ活動を開始し、ロックな中にキャッチーで優しさを感じるメロディーや愛情深い歌詞を聴かせるバラードを得意としている、といいます。

小玉歩さんはこのバンドのギタリストで、2011年11月の活動終了までメンバーとして活動していたそうです。また、バンド活動のかたわら株式市場投資にも手を出しますが失敗し、居酒屋でアルバイトをしていた時期もあったといわれています。

【関連記事】

小玉歩の評判が詐欺師との声が多い理由とは?女性との関係疑惑も

ネットビジネスとの出会いは

小玉歩 FMC 費用画像引用元:GATAG

ネットビジネスで最初に行ったのは、海外からさまざまな商品を仕入れてYahoo!オークションで販売することで、自宅がダンボールだらけになるほどの量の商品を取り扱っていたようです。

当時はサラリーマンとの掛け持ちだったため、梱包や発送を夜中に行い、10個ほどのダンボールを台車で押してコンビニまで持って行って発送していたそうです。アフィリエイトを始めたのは、2010年5月でそこから2年間でインフォトップのアフィリエイト報酬1億円を達成したそうです。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://www.infotop.jp/

インフォトップとは、投資、ネットビジネスなどの情報商材を扱うASP(Application Service Provider、販売者、購入者、アフィリエイターをつなぐ仲介サービス)サイトで、小玉歩さんは、アフィリエイターとしてアフィリエイトを開始した翌月には月100万円を超える報酬を得たといいます。

そんな矢先、副業のネットビジネスで年収1億を稼いだことが上司にバレて自ら退職を申し出て、ネットビジネス1本で稼ぐ決心をします。

書籍「クビでも年収1億円」でブレイク

小玉歩 FMC 費用画像引用元:https://www.atpress.ne.jp/news/30101

小玉歩さんを一躍有名にしたのが、2012年9月に発売された初の書籍「クビでも年収1億円」(KADOKAWA)です。10万部を超えるヒットを記録し、コミック化も果たすなど話題になりました。

2作目となる「3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由」(幻冬舎、2013年6月発売)も5万部を超え、ネットのみならずビジネスを展開する多方面のビジネスマンから注目されました。その後、テレビへの出演も増え、知名度の上昇とともに活動の幅も拡大。

自身が代表を務めるFrontline Marketing Japan株式会社などを通じて、ネットビジネス系の情報商材の制作・販売、ネットビジネスのコミュニティFMC(Frontline Marketing Club)の運営、集客コンサルティング、販促支援などネットビジネスの幅広い分野でプロデュース活動を行っています。

FMCとは

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://kishida0421.blog.jp/archives/1051152428.html

価格は半年で25万円!?

FMCとは小玉歩さんが主催するネットビジネスを行う人のコミュニティ「Frontline Marketing Club」のことで、内容はアフィリエイト、転売などネットビジネス全般に渡っています。

インフォトップで情報商材として販売され、現在の価格は6ヵ月25万円ですが、期間限定で18万円や22万円で販売されていた時期もあるなど、価格は時期や会員数によって変動しているようです。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:PAKUTASO

入会の手順は、インフォトップの購入者のマイページからFMCの案内書をダウンロードしFMCのチャットワークへ移動する仕組みで、返金保証はありません。期間は6ヵ月と設定されていますが、6ヵ月経過後は更新もできるそうです。

FMCの主な内容は、グループチャット、情報交換会、マーケティング速報、クラブ生限定のポータルサイトへの登録、Frontline Marketing Japanが運営するアフィリエイトセンターへの登録、小玉歩さんとのジョイントベンチャー権利(審査制)、小玉歩さんや小玉歩さんが販売協力する他社商品のアフィリエイト権利などです。

月収1000万円に引き上げる!?

小玉歩 FMC 費用画像引用元:ポイントサイト情報ブログ

FMCの売り出し文句は、販売ページによりますと「月収1000万円に引き上げる」で「月収100万円なんて稼いで当たり前」だそうです。

ネットビジネスで稼げるようになるための道筋は、FMCの環境、FMCの仲間が完璧に整える、としており、購入者は“ある程度”の努力ができれば月収100万円を稼げるようになるといいます。

小玉歩 FMC 費用

FMCの環境、FMCの仲間が完璧に整える、というのがどういうことなのか気になりますが、FMCに入会することでいったいどういったフォローがあるんでしょうね。

FMCではネットビジネスで稼げるようになるための“地図”と“コンパス”を用意するといっており、この“地図”というのが、購入者ページやPDF、音声ファイルなどで得られるメルマガやLINEを使った集客法、アフィリエイト・転売の手法、“コンパス”というのが、小玉歩さんをはじめとするFMC生同士のグループチャットやセミナー、情報交換会などのことなのでしょうか。

他の塾やコミュニティとの違いは?

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://drunk.dokomo.ws/article/396125737.html

ここまでFMCの内容をみてみると、他のネット関連ビジネスの塾やコミュニティと大して変わらないような気がしますが、販売ページによりますと、①実際にネットビジネスで稼いでいるホンモノが集まっていること②ジャンルを問わず、幅広く実践的なノウハウを知れるということ、をFMCの特徴として挙げています。

①については、詳しくは後述しますが確かに小玉歩さんをはじめネット関連ビジネスで実際に一定の成果を上げている人が参加しているようです。②は、FMCの最大の特徴といっても良いかも知れません。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://www.9-4.jp/newletter/kodamayoshida.html

小玉歩さん自身がネットを中心に書籍などさまざまなビジネスを行っていることもあると思いますが、アフィリエイトや転売といったネットを主体としたものから、ネットを使った集客法・商品の販売法などジャンルを問わず学べるようです。

FMCが成功者を輩出し続けられる理由としては、小玉歩さん自身がグループチャットで直接、幅広い稼ぎ方のノウハウを伝えている点にあるといい、これが最も効果的な方法だと実証されているそうです。

FMCで稼げるようになるのか!?

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://fmc.global/k6h/

自称月収100万円超えのクラブ生

ここでFMCの販売ページに掲載されているFMCに参加することによって月収100万円超えを果たしたというクラブ生を見ていきたいと思います。まず目に留まるのは、「1円で仕入れた物が5万円で売れた」と語る麻生秀樹さんのインタビュー動画ではないでしょうか。

麻生秀樹さんいわく稼げるようになったきっかけは、小玉歩さんから紹介してもらった「転売TRADER」で人生が変わったと話しています。「転売TRADER」とは小玉歩さんがインフォトップで販売する情報商材で、主な内容は小売店で販売されている値引き商品などをネットショップに仕入れ価格より高い価格で出品して差額を儲けるというものです。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:初心者でもわかる!ネットビジネス情報ブログ

麻生秀樹さんは「転売TRADER」を毎日読んで勉強したそうです。動画の最後には「FMCに入って人生救われた」といっていますが、FMCがネットビジネスにどのような影響を与えたかについては語られておりません。

メルマガアフィリエイトに取り組んで月収100万円超えを達成したというクラブ生、川原雅代さんは、小玉歩さんから「みんなの前で発表しなさい」といわれ、発表を褒められたことをきっかけにメルマガを始め、開始1ヵ月半で200万円の収益になったそうです。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:https://www.marunage.co.jp/media/feature/2016/08/545/

具体的なアフィリエイトの内容は語られていませんが、動画の最後には「小玉さんに引き上げて頂いた」と小玉歩さんの指導を絶賛しています。

そのほかにも、FMCの販売ページにはクラブ生の成功談で溢れていますが、それぞれのクラブ生の語る成功談は「小玉さんのおかげ」といった抽象的なものが多く、また、扱う商品名やサイト名など具体的なビジネス手法をあげていないこともあり、FMCに参加すれば確実に稼げるという決定打に欠けるような気がします。

クラブ生はビジネスパートナーだった!?

小玉歩 FMC 費用画像引用元:https://www.facebook.com/hideki.asou.fp/

FMCの販売ページのインタビュー動画によりますと、FMCで月収100万円超えを達成したクラブ生たちですが、その後も継続的に稼げているんでしょうかね。

まず最初に紹介したクラブ生の麻生秀樹さんですが、Facebookによりますと2017年8月現在はリサイクルショップで仕入れを行いながらネットでの転売をしているようです。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://flmk.jp/

また、インターネットを活用したマーケティング全般を行う会社を経営し、国内転売セミナーやコンサルなどをされているそうです。

転売に関するセミナーを東京や大阪で開いているようですが、小玉歩さんがそのセミナーを推薦したり、小玉歩さんが代表を務める会社、Frontline Marketing Japanがセミナーの主催になっていたりすることから、小玉歩さんと麻生秀樹さんは講師とクラブ生という関係を越えてビジネスパートナーの関係にあるといえるのかも知れません。

クラブ生のメルマガに小玉歩の影?

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://fmc.global/k6h/

次に小玉歩さんの指導によって月収100万円超えを達成したというクラブ生、川原雅代さんですが、自身の「アフィリエイトで月100万円稼いで自由になったバイク女子のブログ」の更新は2017年8月上旬現在は2016年11月で途絶えており、近況を確認する術はありません。

気になるのは収入アップに繋がったというメルマガですが、確認できる川原雅代さんのメルマガらしきものは、「トレンドアフェリ完全マスター!!無料メール講座!!」以外は見当たりません。試しにこのメルマガに登録してみたところ、「PRIDE(トレンドアフェリエイトの情報商材)×川原雅代オリジナルノウハウ」購入の案内が来ただけでした。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://kawaharamasayo.com/

川原雅代さんは1日1時間程度の作業で、ネット上に長期的資産となるブログを半年ほどで構築することに成功し、月収40万円を達成したそうですが、そのブログは探してみましたが確認できませんでした。もし川原雅代さんがメルマガの無料メール講座をネットビジネスの中心に据えているとしたならば、これは背後に小玉歩さんの影がちらつくような気もします。

小玉歩さんが仮に川原雅代さんのメルマガを自分やクラブ生の情報商材の販売に利用しているとすれば、川原雅代さんもクラブ生というよりも小玉歩さんのビジネスパートナーではないかという疑いが強まってきます。

FMCで稼いでいるクラブ生の実態は

小玉歩 FMC 費用画像引用元:人生はフリースタイル LET’S ENJOY

100万円稼ぐ“ある程度”の努力とは!?

FMCの販売ページではクラブ生が実名、顔写真付きで成功談を語っていることから稼いでいるクラブ生がいることは事実のようですが、FMCに参加したことがきっかけで稼げるようになったのか、FMCのクラブ生が全て稼げるようになるのか、という点は疑問です。

クラブ生の中でも転売での成功組については、具体的にどんな商品をどこで仕入れ、どのサイトでいくらで販売したのか、など詳細が確認できないため、「月収いくら稼ぎました」と数字だけ見せられてもピンと来ないような気がします。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:GATAG

ただし、クラブ生の成功談の中に「寝食を忘れて取り組んだ」「時間がいるなと思った」「(本業の)仕事中も取り組んだ」などというフレーズが度々登場することから、例え副業で稼いでいたとしても本業並み、または本業以上の努力をされたことが伺えます。

この努力が、FMCの販売ページが購入者に求めている、月収100万円を稼げるようになる“ある程度”の努力だとするならば、“ある程度”という言葉は人によって解釈がさまざまだと思いますが、私からすれば、“ある程度”どころか“猛烈”な努力と言わざるを得ないでしょう。

【関連記事】

小玉歩の被害者の会が発足!?詐欺師と評判の彼の手口から救う方法

結局は他の塾やコミュニティと変わらない?

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://hinata.jellybean.jp/

FMCで稼ぐためには“ある程度”の努力が必要なことがわかってきましたが、FMCでの小玉歩さんの目的は何なんでしょうね?もちろん、クラブ生に稼いでもらって、FMCや自らの情報商材がいかに優れているのかを宣伝してもらうことだと思いますが、インターネット上で、“FMCクラブ生のほとんどが稼げていないのが実情のよう。

小玉歩さんの基本的な手法はコミュニティ内で利益を回すというやり方なのでFMCで稼ぐには、小玉歩さんにいかに気にいられるか、が全て”というような気になる情報が上がっていたので検証したいと思います。

小玉歩 FMC 費用

これは、FMCで稼げるようになったというクラブ生が情報を得る側から情報を発信する側に回っていっていることにヒントがありそうです。FMCには限定でコンテンツセールスマスターコースというものがあったようです。

現在は販売を終了しているようですが、主に情報商材の作成方法やセミナーの仕方などが学べたといいます。FMCのクラブ生の間では、情報商材やセミナーの販売が活発なようで、転売で稼いだというクラブ生の麻生秀樹さんや時未来さんも情報商材やセミナーの販売に移行していったとみられています。

小玉歩 FMC 費用画像引用元:http://mane-tora.com/m-36-2087

このようにFMCで稼いでいるごく少数のクラブ生が頻繁に情報発信という形で前面に出てくることにより、FMCの稼げていない実態を見えなくしているとみることもできます。

また、稼げていないクラブ生が稼いでいるクラブ生や小玉歩さんに指導を仰ぎ、問題解決のために新たな情報商材やセミナーを購入している可能性も捨てきれないでしょう。いずれにせよ、“上に行けば行くほど稼げる”という構造は、他のネットビジネス関連のコミュニティや塾と変わりなさそうです。

【関連記事】

小玉歩のFMCにやらせ疑惑!?2chの男女関係暴露は内部告発か