一攫千金や仮想通貨長者も夢じゃないとして大きく上昇しているNEM=ネムコインが将来性と共に大注目をされています。

そこで今回はネムコインに付いて話をさせて頂きたいと思い、ネムコインの将来性はあるのか、そしてホリエモンさんが言及した件に関して、これらに焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

ネムコインとは?

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:http://www.angotsukado.com/category/26595973-1.html

New Economy Movement(新たな経済運動)、楽してNEM(ネム)は、金銭の自由と分散、平等、連帯感の原則、新たな経済圏創出を目的として開始したプロジェクトで、コア開発チームの中に当初は日本人が含まれていたことで、日本国内の仮想通貨に注目している人々から注視されてきました。NEMプロジェクトの中で誕生した仮想通貨がXEM(ゼム)、つまりネムコインとなります。

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:themerkle.com

名称:NEM(ネム)
通貨名称:XEM(ゼム)
開発者:Techbureau Corporation(テックビューロ コーポレーション)
開始日:2015年3月31日
発行枚数:8,999,999,999XEM
マイニング:1分毎
システム:Proof of Importance

NEM(ネム)の歴史について

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:http://rollinn.net/nem/

2014年1月19日(諸説あり1月21日という説も多数)『bitcoin talk.org』というフォーラムにて“utopianfuture”なるハンドルネームを持つ人物の投稿によって企画が持ち上がり、2015年3月31日に一般公開されました。

Ethereum(イーサリアム)と同じでビットコイン2.0に属するビットコインブロックチェーンを改良して誕生した経済プロジェクトの総称がNEMといいます。当初は3000人以上を集める予定をしていましたが、達成できず、予定の6割ほどにあたる1600口の達成率からのスタートとなったそうです。

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:https://www.ethereum.org/

ちなみに、この1600口はメールのアカウント数を数えており、実際には一人が複数購入しているケースもあるとみられていますので、実際にXEMが配布された人というのはこの1600より少ないと言われています。

それでも既にネムは発行上限枚数を発行済みであり、その数は8,999,999,999枚を1600口の投資家に分配してのスタートでした。当時、300XEM=0.03BTCの価値、法定通貨でおよそ1XEMあたりおよそ9.4円。現在31.34円ですので、現在の役1/3程度の価格で入手できたことになります。

NEMコインの採掘システムについて

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:http://www.cryptostream.jp/nem-xem-2017-4169/

NEMは他の仮想通貨のように巨額な資金を使って採掘システムを構築する一部の採掘者やグループに報酬が偏らないように設計されています。

アカウントそのものにインポータンスというPoIスコアが付いており、XEMの残高やPoIスコアの高い人ほどハーベストに成功して報酬が入手できる確率が高くなるように設計されています。

このインポータンスを高く挙げるためにはNEMネットワークへ参加しなければなりません。頑張った人にはその頑張り野分だけチャン府が増えていくという、嬉しいシステムが導入されています。

ホリエモンも注目するネムコイン

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:http://fuminners.jp/goldenrule/1492/2/

ホリエモンこと堀江貴文さんは折に触れて仮想通貨に関する話を様々なメディアにて行っています。そのような背景から、個人投資家の中には堀江氏の発言に注視しながら仮想通貨への投資や投機を行っているという方も少なくありません。

その堀江氏がネムコインに関しての発言を行っていたということなのですが、いったいどのような話をされていたのでしょうか。

そもそもなぜホリエモンは仮想通貨に言及するのか?

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:NAVERまとめ

お金持ち、セレブ、頭が良い、先見の目がある…様々な代名詞をつけられている堀江貴文さんですが、そもそもなぜここまで仮想通貨に言及しているか、皆さんはご存知でしょうか。

堀江氏の行っている仕事を詳しく見てみるとお気づきになった方も既にいらっしゃるかと思いますが、堀江氏はビットコインに関連した事業の一つに携わっています。国内の大手仮想通貨取引所の一つであるテックビューロ株式会社が運営している『zaif』へ、アドバイザーとして関わっていることで仮想通貨と深い関わりを持っています。

画像引用元:http://btcnews.jp/techbreau-inc-released-zaif-exchange/

このzaifは、様々なサービスを行っていることでも知られていますが、この裏方として関与していることから、仮想通貨にも詳しいというワケなのです。更に、裏読みをするとすれば、堀江氏が仮想通貨の関連事業に関与しているということ、つまりはそれだけ仮想通貨に対する将来的な発展が見込めるとしてアドバイサーに就任しているとも受け取ることができます。

かつて知り合いの社長にイーサリアムが良いよと話したことで、話を聞いた社長が20万円分のイーサリアムを購入したところ、数か月で700万円にまで高騰したという驚きのエピソードがありますが、それだけ、堀江氏自身が仮想通貨に対してかなり深いところまで勉強していると言えます。

ホリエモンチャンネルでNEMに触れる

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:http://horiemon.com/staff/15352/

先ほどもホリエモンコト堀江貴文さんが仮想通貨に対する鋭い先見の目を持っていると少し話しましたが、それは彼が出演しているYouTube『ホリエモンチャンネル』内でもお分かりだと思います。

堀江氏は、自身が出演する“ホリエモンチャンネル”で、視聴者の質問に答える事も多いのですが、中でもNEMに関する話を行っていた回がありましたが、その中でNEMのスーパーノードを購入して運用していく事に関して回答しています。

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:http://www.gizmodo.jp/2013/10/horie_takafumi_int02.html

質問では1000万円でNEMの情報を保存できるサーバーを購入し、運用することで毎月50万円の収入を得られるため、50万円×24ヶ月で元が取れるという投資商品についての質問でした。これに関して堀江氏はやや懐疑的な見方をしていると述べています。

どういうことかというと、NEMが今後どうなるか?この点については先読みを誰もすることが出来ません。成功したときのリスクを考えるとかなり大きいと思われますが、もちろんリスクも伴うでしょうし、全く駄目だというわけではないとしながらも投資とは大きなリスクに目が行きがちだが、リスクも伴うものだとはっきり述べています。

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:http://www.nagayamajimusho.com/associates/

この堀江氏の回答に対して、共演者であるゲストの『One Tap BUY』を運営している代表取締役社長である林和人氏が仮想通貨やNEMの今後にとって大きな重要課題であると思われる発言をしています。

日本円でサーバーを購入してビットコインを報酬として受け取っても日常的に使用するためには日本円に換金しなければならない。堀江氏はかなり仮想通貨と法定通貨を接続する手段が増えているとしながらも、林氏は法定通貨と仮想通貨という異なる信頼保管で成り立つ両社が共存するために、換金の問題をクリアしなければならないと述べています。

zaifがNEMに力を入れている?

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:ビットコイン百科事典

先ほど堀江氏がzaifのアドバイザーとして就任しているということに少し触れましたが、実はこのzaifは国内の取引所で最もネムコインに力を入れている取引所だと言われています。

現在zaifで購入できる仮想通貨はネムコインのほかにビットコインとモナーコインを購入することができます。ちなみに国内の取引所でネムコインが購入できるのはコインチェッとzaifの現在は2カ所となっています。

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:WIRED

zaifではビットコインの産みの親であるナカモトサトシ氏が発明した“絶対に消せない・改ざんできない・盗めない・だれにも止められない”をコンセプトに、誰もが簡単に利用できるように考えられたネムコインを使ったプラットホーム『mujin』をリリースしています。

2015年に発表されて以降、現在では300社以上の企業が利用していると言われています。さらに、zaifを運営しているテックビューロ株式会社代表取締役社長である青山貴生氏は2017年6月より『NEM.io財団』の理事にも就任しています。

ネムコイン 将来性 ホリエモン画像引用元:http://www.cryptostream.jp/nem_xem/

つまり、今仮想通貨の中でもネムコインに注力を注いでいるのがzaifであり、そこのアドバイザーとして堀江氏が就任した事で、多くの仮想通貨を運用している個人投資家たちがもしかするとネムコインも大きく化けるのではないかと考えているとみているのです。

まだまだ先の見通しも安定していないと言われている仮想通貨ではありますが、堀江貴文氏の今後のネムコインに対する動向に注目しておくことで、冒頭に述べた仮想通貨長者も夢ではないかもしれませんね。

ネムコインはD-BACで資産運用しよう!

ネムコイン 将来性 ホリエモン

ホリエモンさんこと堀江貴文さんも注目しているネムコインですが、今後将来性としては期待しても良いのではないかという声がちらほらと出始めてきています。そんなネムコインで資産を運用していくのであればD-BACがオススメです。

D-BACとは大阪の梅田に会社を構える『株式会社クライス』が制作したカジノで一番人気のあるゲーム『バカラ』に勝つための電子計算機であり、オンラインカジノを使用して資産運用を目的としたツールです。もちろん稼ぐことが可能ですが、あくまで資産運用を目的とした電子計算機になります。

ネムコイン 将来性 ホリエモン

D-BACはMLM案件としても非常に秀逸であり、権利収入を得られることもでき、1人紹介する度に25,000円の報酬を受け取ることができることも強みです。日本でも数々のHYIP投資が広まっていますが、最近ではどのHYIPも飛んでしまっていることが事実です。HYIPが飛んでしまうほとんどの原因として原資不足が挙げられますが、D-BACは原資不足になることはありません。

日本で最大10万人(世界では2,000万人)までしか入会できないD-BACへ入会されるためには初回49,800円が必要となり、毎月ツールの使用料として12,960円が必要になります。毎月お金を支払う必要はありますが、これによりクライス社が原資不足になることがないので、私たちへお金を還元する上での最低条件は問題ありませんし、飛ぶことがありません。詳しくは当サイトのD-BACに関する記事を読んで頂くか、以下の記事を読んで見て下さい。

【D-BACの一部の記事は↓から】

D-BACカジノの評判とは?実際に話を聞いて分かったこと

DBACへの投資によるMLM権利収入について!【基礎知識編】

DBACやクライスへの投資は詐欺なの?HYIPより儲かるのか

【D-BACについてのご質問は↓から】

D-BACとチームへの入会はこちら